FC2ブログ

『ブック』→『ゲイン』

2005年09月28日 21:47

あいかわらず体調はひどいです。
が、まぁなにやら面白い話も聞きましたし、少しがんばれそうです。
ただ、私のやってるテーマの論文がでていたとかいう噂が。
本当ならば路頭に迷います。


さて、私は会話がへたくそです。
めちゃしゃべるか、全くしゃべらないかのどちらかになりますし、
内容が変であったり独善的であったりします。
やっかいです。

で、少しは役にたつのかもしれんということで、
『悪の対話術』という本を読んでみました。福田和也という人の作品。
MEMS.jpg

現代に生きる我々としては、もっと対話について意識的になるべきだという内容です。
なかなか共感できる部分は多くありました。
ただ、言い回しがいまいちでしたね。
まわりを見下したような言い方な気がしました。
あとは、こっそり論理の飛躍があり、
もっともそうで、変な結論が出てきたような気がします。

なんとなく、自分のブログの書き方と似ているような気がしました。
別に見下しているわけではないのですがねぇ。
不快感を与えたりしていないでしょうか。心配です。

まぁ、普段何気なくしている対話に改めて注目することには意義があるでしょうし、
少し異なる視点を得るという意味で結構面白かったのではないですかね。


昨日、やたら名言的なことを書いていましたが、それは本を買ったためです。

昨日購入した本。
・『ことばの贈物』岩波文庫編集部
・『日本語と日本人の心』大江健三郎・河合隼雄・谷川俊太郎
・『箱根の坂(上・中・下)』司馬遼太郎

どれも早く読みたいです。
新しく読み始めたのは『日本語と日本人の心』です。
なんといっても書いてる人たちがビッグネームですから。
しかも対話形式。最近読んでる本と継続性がありそうです。
やばい、権力に負けそう。
でも、少し読み始めたかんじでは、非常に読みやすいですね。
めちゃバスケが上手い人がうちのレベルにあわせてくれているような感じです。
安心してできるというか、何気ないところにすごさを感じるというか。


ちなみに、上中下巻とあって、中巻だけが本屋になかったらどうするのでしょう。
そうそう気づかないですよね。
買い忘れたことに気づいたときには非常に落ち込みそうです。
あまりにも悲しくて、泣くかもしれません。

あ、いや、泣きませんね。

なぜなら、


「なかないぞ」

スポンサーサイト





コメント

  1. トミタ | URL | HoFLERSg

    NAKANAI×NAKANAI

  2. のざき | URL | VVHQ8TqM

    やるなー×あんたー

    ほんまにやりますね。
    こんなのがわかる人はうちの弟(漫画マニヤ)ぐらいやと思ってました。

  3. トミタ | URL | -

    マニヤー×ばれたー?

    しょうもないですね。

  4. のざき | URL | VVHQ8TqM

    しょうもないですが、思いつかない分、
    私の方がみじめだということになります。

    ダメだー×ダメだー

  5. トミタ | URL | HoFLERSg

    そろそろこのコメントも不毛になってきましたね。
    ということで…

    冷めたー×やめたー

  6. のざき | URL | VVHQ8TqM

    とみたー×……やめた。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/99-cda8897e
この記事へのトラックバック