スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つづき

2008年09月29日 23:04

寒いです。
風邪をひくのではないかとのもっぱらの噂です。

昨日の続き。

続、大村益次郎の話ですが。
暗殺をされるわけです。

ちっちゃい人間というものはどんなところにもいて、
いろんなことを台無しにしてしまうと。
たらればはなしにしても、
もったいないなと思うわけです。

大村益次郎暗殺の黒幕の人も、かなりのぐだりよう。
なんか具体的な理由があっての行動ですらないですし。
どんな行動も感情をもってするものではありますが、
ぐだった感情だけで行動されるのはやっかいです。


と、そういうことを初めの感想としてはもったのですが。


ほなら、殺された側は悔しいとかそういう感じになってたのかなとも思いました。
なんとなく、飄々としてそうな気がします。

結局は、自分なのでしょうかね。
語弊がありますが、全ては結局、自己満ともいえそうな。


それを、他人が、生きてたらこんなこともできたとか、
こうやればもっとうまく人間関係やっていけたとか、
権力を持つことも可能やったとか。
逆に、そういうのはすべて、
言った側のレベルを表してしまっているような。

恋人が浮気してるのではと嫉妬ばかりしてる人は、
結局自分がそういうシチュエーションなら浮気をしうると思っている、
とか、そういう感じですかね。

今までの本の感想とか見てても、
どうもなんか、ちっちゃいです、私。
その人生を、完結したものとして愛でるような感覚がないというか。
なんでこうじゃないのか、などと考えることが多いです。
もっとおおきくなりたいですなー(身体はでかいですが)。


まぁ逆に、そういう感想から、自分の求めている像などはでてくるのかもしれません。
たまにはちゃんと、そういうことも考えてみたいものです。

うーむ、わかりにくい文になってしまった。
こういうときは、おそらく内容がまだ、自分のものになっていないのですな。

はやめに寝ましょかねー。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/968-2b965eb4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。