スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mじゃき

2008年07月02日 23:35

最近、少しはやく帰るようになっています。
実験がうまくいかないとはやくに帰るの法則です。

やや単調な毎日で、不満というより不安です。
が、こんなんでええのかと思っていましたが、
今日上司といっしょに帰りながら、そんな話をしていたら、
チームの状況的にしかたないから問題ないということでした。


とまれ、本。

功名が辻〈1〉 (文春文庫)功名が辻〈1〉 (文春文庫)
(2005/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

功名が辻〈2〉 (文春文庫)功名が辻〈2〉 (文春文庫)
(2005/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

しばらくはしばしばりということで、
連続で戦国物を読んでみました。

最近ややペースがはやいです。
今日は待ち時間はやや長かったものの、
摂津富田→JR藤森の帰り道で110ページも読んでて、
普通にびっくりしました。
ちゃんと読んでいるのかしら?

話は、戦国、山内一豊とその妻、千代の話。

なんとなく、夫婦愛とかはキャッチーな感じがして、
こないだ大河ドラマになってたこともあり、
やや敬遠していたのですが、
とてもよいです。

最近、食わず嫌いを後悔することが多いです。
五条のカフェも、足サポーターも、
スタンダードなジーパンも、ストレッチも、
全部食わず嫌いやったのに、今は満足しています。


まぁ話の内容の感想はまた完結してからかいなと思っていますが、
とりあえず、山内一豊、千代、ともに、無邪気なところがあります。
頭のええところも多々あるのですが、
根本が愛嬌のある無邪気さをもっておりまして。

何かに向かって、無邪気に一所懸命になることは、
別になにも間違っていないのやろなと思わされます。


私はどうも、不安感をいいことに、少し一所懸命さがなかったような。
昨年度のような、とりあえず必死に、という感じが少し減っていたような。

それが評価されるかどうかとか、そういうことを考えるのも重要ですが、
それを抜きに何かをしなければならないというのもまた、重要やと。

一所懸命になってれば、少しは時間あけれるかもですが、
その時間の蓄積は結構差がつく要因になるような気がします。


もっと無邪気に、一所懸命に。
ならんといけませんなー。

無邪気にならんとあかんと言っている時点で、
無邪気でないような気がしますがね。

私の名前はno邪気なのですがねぇ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/923-4909943b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。