FC2ブログ

夢のような話

2005年07月13日 20:54

性能のいい電気エネルギーネットワークが今後実現するならば、このネットワークを世界規模に展開することで、石油エネルギーの枯渇にも対応できるようなネットワークを実現できる可能性がある。例えば、ほとんど雨の降らないような砂漠地帯には広大な太陽電池による電源を、風が常に吹くような山岳地帯や海岸線付近には風力発電による電源を、河川の傍には水力発電による電源をそれぞれ設置し、それらを世界規模の電気エネルギーネットワークで管理することができれば、現在生じているエネルギー問題に対して福音となるであろう。こういったネットワークの実現には乗り越えなくてはならない問題が非常に多くある。例えば、長距離をロスを少なく電力を伝達することは非常に困難であり、場合によっては超伝導などの技術が必要になるかもしれない。また、技術的な問題のみでなく、政治的な問題の方が実現への大きなハードルになる可能性もある。エネルギーを政治的なカードとして用いることもできる(今の中東諸国がそうであるように)。また世界には紛争が絶えず、これらの電気エネルギーネットワークに対するテロなども十分に考えられる。しかし、逆に、「争いを終結し協力し合えば、このようなネットワークを構築することができる」というビジョンを示すことで、エネルギー問題から紛争解決への糸口を見出すことも可能になるかもしれない。



あとは電気つながりで。たまには情報発信をしないと。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20050713/106700/

これは相当すごいことやと思いますけど。
駅構内に用意してある無線LAN経由で電子ペーパーにデータを送信し、新聞として読める日がもうすぐ来るのでしょうか
スポンサーサイト





コメント

  1. yuji | URL | -

    一つだけ気になったので、

    太陽電池は温度が高くなると発電効率が落ちます。
    一℃あたり0.5%おちるらしいです。

    砂漠に太陽電池を設置してしまうと、温度がたいへんなことになり、発電効率が落ちる、さらに砂漠から市街地への送電損失もあることから、砂漠に太陽電池を置くことの優位性は小さいみたいです。

  2. のざき | URL | -

    あらら。やはり夢でしたか。
    最近思慮が浅いとよく言われます。
    いやん。恥ずかしい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/9-b7a09f37
この記事へのトラックバック