スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうき

2007年11月11日 23:45

いよいよ寒くなってきて、冬季という感じがしてきました。

社会人になって意識していることの一つに、けちらないというのがあります。
つれとの飲み会や旅行、衣服などなど。
節約できるところをしないのは単なるカモですが、
必要なものにはお金をかけておこうと。

そういうわけで、コートもええのをこーとこうということで。
なかなかよいものを買いました。
家族にはあまりインパクトはなかったようですが、
個人的にはかなり見たおした上の結論なので満足です。
i0026_01.jpg


さて、とうき違いですが、陶器をみてきました。

カルロ・ザウリ展というものです。
今日までなのであんまり紹介する意味もないかもしれませんが、
なかなかに興味深かったです。
imgCarloZauliImage.jpg

なんというか、脳みその普段使わないところを使ったという感じ。
現代陶芸というものはこういうものなのか、
とりあえず、単純に理解できるものは少なかったです。

でも、面白かったです。
「ザウリの白」という色があるそうですが、なかなかよい。
白の下にちょっと暖色系がある感じで、
それが作品の躍動感とか生命感につながっているような。

セラミックという安定の代名詞のようなものに、
これだけ躍動感がでてくるものなのですなー。
いやはや、新鮮でした。


その後、陶器つながりで、グルメ部活動を久しぶりに。
今回は、雑誌やなんやで見て、間違いない臭いがしたおしてた店。
「ノザキの鼻」も多少はあてになる…はず。でかいですしね。

『円屋』という、新町と室町の間で、四条のすぐ北です。
ここ、陶器にこっているそうで、器がきれいです。
おちついた緑ぽいのとかが多いですね。
食事で器てだいぶ大事ですからねぇ。
060.jpg


六白黒豚とかいう、結構ええ豚の串がメインだそうで。
豚串、めちゃおいしいです。豚肉最高!
さらにベーコンステーキとか焼きたまねぎとか、完璧に近いです。
そしてボリュウムがありました。結構宴会とかにもええかもです。

あとはおでんとそば。どちらも手間ひまをかけた感じでして。
そばは毎日手打ちだそうで、細いのに相当コシがありました。

接客も元気で、不満もありませんでした。
値段もまぁそれなりということで、久々のヒットです。
ぜひ。


すぐ近くの『酒菜食房 いち』というところも行ったのですが、
こちらもなかなかええ感じでした。
素材よりも手間を売る感じで、かなり健康的な気がします。
野菜がおいしいです。

とりあえずこの二件、ひさびさにうまいもんマップにのせておきました。
http://tinyurl.com/2e7ghz
新町通りてのは結構あつい通りなのかもしれませんなぁ。


コートも展覧会も食べ物も、全部自分への投機やと思っています。
今多少お金をはらっても、ぜったい損はしない、はず。

あいかわらず長い文章だことで。
ミクシーは自分にプラスになっているのでしょうかね。
スポンサーサイト


コメント

  1. 脳 | URL | -

    Re: はじめまして!

    はじめましてー。
    気付かずに、返信が遅くなって申し訳ありません。

    私は人に偉そうな顔をして店をお勧めできるほどグルメではないですが、
    私の好きな店をお伝えしておこうと思います。
    だいたい4000~5000円程度の予算でいける店です。

    『いちえ』
    http://tabitano.main.jp/7matutomi.html
    いい野菜を使ったおばんざいぽいコース料理です。
    おばんざいの店はたくさんあると思いますが、
    ここのが一番丁寧につくっているように思いますし、
    結構かわった料理もでてくるので、とてもよいと思います。
    2階にある系列店の菜菜堂、というアラカルトの居酒屋もかなりよくて、
    私はどちらかというと、よくそっちに行きます。

    『匙(スプーン)』
    http://kyoto-spoon.com/
    最近すごく人気のある店ですが、土鍋のごはんとか、
    いろいろこだわったものが多い和風の居酒屋です。
    個々の料理がシンプルですがどれもおいしいので、結構よくいきます。
    居酒屋でもいいなら、ここはかなりお勧めです。

    『枝魯枝魯(ぎろぎろ)』
    http://www.guiloguilo.com/
    高瀬川くりおもいいところですが、それと似た雰囲気では、
    こちらの方が料理にこだわりがあっておいしいと思います。

    『温石 左近太郎』
    http://r.gnavi.co.jp/k305900/
    和食のコース料理です。
    すこし高いかもしれませんが、~7000円ぐらいと思います。
    旅館の一室みたいな部屋で食べさせてくれるので、
    高級感は上の3つよりもあると思います。


    先に挙げた二つが個人的にはかなり好きな店です。

    とりあえず和食を挙げさせていただきましたが、
    京都は、町屋風のイタリアンも多くて、結構いい店が多いです。
    こじんまりとした感じの店が多く、京野菜もよくつかわれています。


    楽しんでくださいねー。



    > 『高瀬川くりお』と『酒菜食房いち』の事を調べていたら
    > こちらのブログにたどり着き、初めてのコメントで質問とは失礼かとも思ったんですが、思い切ってコメントに入れさせていただきました。
    > 只今、連休に京都に行った際にどちらのお店に行こうか迷っております。
    > 年に一度の京都旅行なので、京都らしい味の食事をしたいと思うのですが、とうきさん的にはどちらのお店がお勧めでしょうか?
    > 父も連れての旅行なので、雰囲気重視と言うよりも味重視で考えております。
    > ご意見をお聞かせ願えると幸いです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/807-7f455199
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。