スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二重否定=

2007年07月30日 20:48

あと数日となってから、やたらと仕事を任されます。
いるうちになんとか、というやつです。
なので多少忙しくなりましたが、
「こいつにはこれはできる」と見られているということなので、
嬉しくないことはないです。

暑くない事もないですが、今日はそれでも涼しかったような。
最後まで、エアコンはそこまでがっつりこなかったですな。

まぁ、普段はない送別会もしていただけるそうなので、
あと2日、がんばっていこうという気がないわけでもないです。


さて、昨日はリコ嬢の送別会。

梅田はあいかわらず知らないので、店も適当に。
東通りを奥までいったところにある、パパラギという店へ。

適当に入るとええ店にあたるというのが5班の伝統になりつつあり、
今回もなかなかに雰囲気のよい店でした。
ご飯おいしかったですしね。ごはん最高!


さて、私は元来、関東弁は苦手でないということはなく、
はっきり物事をいうことが得意というわけではありません。
これしかないというものをもっていないわけでもないです。

そういう私に対して、リコさんはまさに対極で、
関東弁で、はっきりと考えをいい、これしかないものをもっていました。
やし、会うたびにいろいろ新鮮な刺激をうけていたような。

関東弁の人や物事をずばっと言う人に対して、
最近私のアレルギーがましになっているのは、
リコさんに負うところも少なくないのでしょうなー。


ただまぁこれからも、私はものごとをはっきりは言いません。
そう考えられない事もないのかもしれんなと思ったりするわけです。

ただ、否定の否定とか、意見をわかりにくくする、
婉曲な表現やと思っていたのですが、どうも違うようですな。

二重否定は、強い肯定だそうですよ。


そういうわけで、リコさんが関東へいってしまうということで、
また会える機会があればええのにと思わないわけでもないです。
さみしくないこともないように思います。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/727-ffc2c55d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。