FC2ブログ

続き、その次

2007年03月12日 11:36

さて、最後のカンボジア・ベトナム旅行記。
街並みと失敗談を書きたいと言ってましたが、
人間の才能の一つ、忘却能力により、失敗は忘れました。

というわけで、尻すぼみ感が否めませんが、街並みを。

『うろうろする』
バイクがやばい、ということだけが言いたいことかもです。
http://nozaki.blog15.fc2.com/blog-entry-606.html


さて、昨日おとついと、高校のときのつれと旅行です。
うち二人はカンボジアにもいっしょやし、
どんないっしょにいるんや、という話です。

行ったのは岐阜。長良川温泉。

Hっしんとの合流を考えると、岐阜が最適かと。

昼過ぎの出発、夕方帰宅と、のんびりしたスケジュール。
逆にそれがよかったです。

ご飯は川べりの旅館なのにまさかのえびかにで少し苦しみましたし、
I東さんに至ってはご飯の食べ過ぎで意識がとびかけるというぐだった始末。
参加者ほぼ全員何かしら体調不良を訴える旅って、
何をしているんだという話です。
面白かったですが。

夜、祝われました。
いわゆるサプライズパーティというものです。

旅行前には少し祝われたら嬉しいと思ってましたが、
みな直前まで忙しそうやということがわかり、
特に予想してませんでした。

で、風呂で、もっとつかりたい欲にまかせて
もう少しつかって部屋へ帰ると、祝われました。
なんか知ってたみたいですが、ほんまに知らなかったのです。

ありがとう。
CIMG4174.jpg



翌朝は稲葉山城へ。
CIMG4211.jpg

よかったです。
なんといっても斉藤道三や織田信長にゆかりの地ですし、
いろんな展示は『梟の城』に出てくる道具たちでした。
千葉周作のサインとかもありましたし、
何より城(レプリカ)からの眺めはとんでもなかったです。
ここから眺め、天下を志したのもわからないことはないと、
それほどよい眺めでした。暴風でしたが。
CIMG4218.jpg


帰り道、関ヶ原あたりで吹雪に遭遇。
真剣に危険を感じました。
前は見えないし、スタッドレスタイヤとかでもないし。
ちなみに隣のSばっち「吹雪や」との言葉を残し、
眠りにおちてしまいました。それはそれで、おもしろい。


なんとか生還し、その後、H本さんを迎え、家で鍋。

家鍋で久々に、適量というものを体験しました。
最後に卵とじうどんを食べ、コーヒーでしめると。
いいですね。いい。

Iっちゃん、H本さんを送るため、お酒はなし。

でも、それがよかったです。
送る途中で話した恋愛の話とか、ものすごくよかったです。

H本さん、ひさびさに会いましたが、ひさびさに思いません。
迎えにいったときに、
久しぶりやなーと感じる前にいろんな話をしてしまいました。
途中で、あぁそうやった、久しぶりや、みたいな。

昨日話してて思ったのですが、因数が多々あるなと。
そして、その因数は私にとって非常に重要な部分であるようです。
こういう話ができる人はそうそういませんな。
そして、口だけの私に対して、体現をしているわけで。
リスペクトです。


高校のつれたちは、もう10年来になるのですな。
小学校中学校いっしょで、
その後あんまりあわなくなった人たちよりも長いわけです。
高校からはいったということで、
多少外様感をかんじたこともありましたが、いまや。

社会人になり、どうなるのでしょうかね。
みな変わった、個性的な進路ですし、
また刺激をうけられるかもしれません。
大事にしたいものです。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/607-de9e193e
    この記事へのトラックバック