FC2ブログ

34:35:33

2007年02月01日 00:10

それがそうであると見ることではじめて、
それがそうであるというデータが出るような気がします。

そう考えると、パラダイムシフトという考え方は、
かなり的を得ているのではないかなどと思ったりします。
今世間で言うてるパラダイムシフトてのは、
いったい何を指しているのでしょう。

データは全て、それがそうであるという視点で見られて
はじめて存在するのでしょうか。

そうなると、バークリの独我論というのも、
あながち嘘でもないのかもしれません。

存在する事は知覚されることである、というわけです。


34:34:00


物語も終盤にさしかかっているようです。
なかなか切羽つまってはいますが、
この感覚はそこまで嫌いでもないように思います。
紙やすりで最後の仕上げをしている気分に近いです。

完璧を求めるという行為は、
常に過渡状態であるということなので、
唯一ずっと幸福でいられる手段なのかもしれません。

宗教も、そういうものなのかもしれませんね。
神という絶対的な絶対に届かないものを求めるという、
過渡状態が本質なのかもしれません。
やし、おそらくは簡単に救われるという宗教は、
宗教としての条件をみたしていないのかもしれません。


34:27:53
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/580-1f6516f1
    この記事へのトラックバック