FC2ブログ

かえりみる

2006年12月28日 14:50

今日で学校も終わりです。
まだ今年中に3つ締め切りがありますが。
年末年始は実験ではなく執筆しろとの指令がでてますので、
今年ははじめてこんなはやくに終了。


で、ちょっとはやいのですが、今年の感想を。
年末年始は忘年会や年賀状、さらには執筆などでばたばたしそうですし。

今年は長かったです。
去年1年はものすごく短かったように感じたのですが、
今年は長かった。

ニュース的にも結構いろいろありましたしねぇ。
なんかの特集で謝罪の一年とか言ってましたが、
まさにそのとおりやったような気がします。
談合とか教育履修とか政治家(いつもか)とか。
ただ、世論とかそういうので、今までなぁなぁになってたとことかが
ある程度きっちりされてきているのはええことかと。

謝ってる側が反省しているとは到底思えませんがね。
で、一番やりたい放題の隣の国とかは謝る気配もみせませんがね。

スポーツもものすごくいろいろありましたし。
トリノ、サッカー・バスケ・野球W杯、高校野球、プロ野球、競馬、など。
基本的にスポーツは好きなので、よかったです。


昨年のブログを見ていると、目標を設定していたようです。
学会発表、英語、就活関係、人間関係、筋トレ、読書です。

まぁそれなりにがんばったのではないでしょうか。

学会発表は3回しましたし、一応論文もかいています。
核となる結果みたいなんができれば、と言っていましたが、
確かに核でしたね。Aりさんに感謝です。
後は、全然違うテーマをしていましたが、
そのスキルが活きているように思います。

就活は、ベストかはわかりませんが、
ベターなものを追求した結果選んだところにいけました。
あまりに離れた職種をそこまで見れていませんが、
見学とかいろんな人の仕事感をみるとか、
そういうのもある程度後悔ないぐらいはできましたし。

人間関係も順調です。
距離的・時間的に離れてしまった人たちと、うまくやっているのでは。
内定先でもちらほらと、うわべとかでなくて、
ちゃんと仲良くなれそうな匂いのする人たちと話せるようになりました。
忙しくて飲めないわといいながら、去年より飲んでいるかもです。

読書は、まぁまぁしましたね。
だいたい40冊ぐらいだそうです。
内容的に濃いものに恵まれたので、適度な量かと思います。
原付や車で学校行く事が増えたせいで、ちょっとペースが落ちてますが、
時間を見つけて読んでいこうと思います。

まぁ何冊読んだとか何冊読むことを目標にしよう、
とかいう表現はあまりよくないと思いますが。
本はほんまにピンキリですし。
内容的に浅い本とか、数時間もかからんし。

というわけで、特に義務感とかはないのですが、
来年も面白い本を読んでいきたいですね。
思考の幅を広げられるような、そういう本を探します。


英語と、筋トレですよ。
全くしてませんなー。
英語に関しては、チャンスは何度か与えられ、
研究室のオランダ人と話すとか、国際学会とか、
論文の読み書きとか、TOEICとか、ありました。
なのに、モチベーション低かったですね。
もったいない。

来年こそは。


筋トレはしないといけないのですが。
身体がほんとうにぶよぶよです。
やばいですね。
ここ最近ずっと膨満感があって、腹がぽこっとしてるしなんでやろ、
と思っていたのですが、太っただけでした。
これから運動する時間も基礎代謝もどんどん減りますし、
真剣にやっていかないと。
地球温暖化でももう戻れないポイントがあるといいますが、
私の身体に関してもそんなポイントがあるように思います。
危機感を持たなくては。

来年こそは。


なんか、来年も同じ事をいいそうでこわいです。
もっと意思を強くもたなければ。

あぁ、でもなんか、だいぶ前によくみられた、
自分のメモ書きみたいなのでやたら長く書く、
てのを久々にした気がします。達成感あります。
読んでくれた方、どうもありがとうございました。


あ、一応今年あったことで結構がんばったこととして、
だじゃれ・韻コミュニティがあります。
折に触れ宣伝もさせてもらいましたし、
結構多方面の友人に参加していただいています。
新しい人も半分近くいますしね。
もっとみんな参加したらええのに。

来年以降もうまいだじゃれを考えていこうと思います。
今日はだじゃれや韻は言いません。
韻踏みすぎて、韻多いとかになりたくないのですよ。

あっ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/553-0d1c62b8
    この記事へのトラックバック