FC2ブログ

別れのようなもので

2006年11月06日 23:23

核議論をするなということはするなという人がいたりしますが、
そしてそういう人は議論しないというのは言論統制といったりとか、
言論の自由だとか言っているようですが、
政治家の発言・議論は十分政治的な「行動」なのですよねぇ。

言葉なら何をしてもいいだろうというのはきっと間違いで、
自由にはそれなりに責任も伴うのですから、
もうちょっと考えてから発言してほしいものです。
政治家の発言には結構な責任が伴うでしょうし。
ちょっと思慮をかく議論やと思いますが。

きっと、言葉ならええやろうというのははやりのいじめにもつながるし、
もう少し言葉、というものへの認識を深めないといけないのでしょう。

ブログというものもいっしょです。

自己満足のブログ、よく聞きますし、私のもそうです。
ただ、自己満足という言葉は決して免罪符なんかではなくて、
ここに書いたことに関してはある一定の責任はとらなくてはなりません。

自分の気持ちを整理する用途としてのブログというものは有用やったのですが、
多少そういう要素が減ってきているようにも思います。
責任がもてないことはあまり書かなくなってきているような。

やし、(あたりまえですが)誹謗中傷は書かない事にしていますし。
一時の感情にまかせてきれたりするのは、
実生活で結構ある分、ブログではやめておきたいのですよ。


最近、私の身近な人がブログをやめてしまいました。
一人はハリモグラさんで、もう一人はカメレオンマンさんです。

ハリモグラさんは私の研究室の同僚で、
来年以降もおそらく同僚になるであろう友人です。

私は彼のめちゃくちゃきっちりしたところとか、
継続力とか、負けず嫌いなところとかを尊敬の念をもってみているのですが、
(リスペクトだYO!)
彼がブログをある日突然やめてしまったのです。

詳しい話をすることは彼がやめたことに反するでしょうし、
あまり詳しい事を話してもらってないというのもありますが。
結局やめた理由は、自分の発言を意図していない風にとられてしまったと。
それが原因であったようです。

言葉の意味は決して一意ではないですし、
だからこそこんなこともできるのですが、
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1095340
やはり伝えたい事を伝えられないときにもどかしさは感じます。
言葉が一意でないことは決して悪い事ではないと思うのですが、
伝わらない事が悲劇を生むこともあるのかもしれませんな。


カメレオンマンさんは身近というか、弟です。

兄貴がmixiという軟派なものに染まっているとよく言われていたのですが、
実際にはまりました。彼も。

一日一回、毎日欠かす事のない更新は非常にすごいことでしたし、
内容もよくねられてあったと思います。
私の中ではケノービさんかカメレオンマンさんでしたね。
この二人の文章力は群を抜いているように思います。

彼の場合は一日更新できない日があり、それでやめたのだそうです。
その潔さには本当にびっくりしました。
コミュニティも3つぐらい管理してたのに。

まぁ、そういう完璧主義も芸術家には必要やと思います。
真にすごいことをするならそれぐらいの覚悟は必要かと。
それに伴う苦難も当然大きくなるのでしょうが。

ただ、多少さみしくあるのは、
同じパソコンをつかってコメントをしあったり、
準自作自演をしてみたり、
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1095340
そういう頭の悪い事ができなくなることですね。


これらの人たちは、言葉に対して真摯でありすぎたのかもしれませんな。

別に二人ともすぐにでも会うのですが、
やめてしまったことは私には別れのように感じ、さみしいのです。
スポンサーサイト





コメント

  1. yuji | URL | bZfbELo2

    おそらく中川・麻生さんは『政治家の発言・議論は十分政治的な「行動」なのですよねぇ』ということを認識したうえで発言してると思いますよ。

    アメリカや中国が恐れるのは日本が核を持つことなので、日本が核を持つかどうかを議論すれば間接的に北朝鮮への牽制につながるという考えではないでしょうか?


    非核三原則をまもるかどうかよりも、北朝鮮のミサイルが日本に飛んでくるかどうかのほうが(僕にとっては)重要なので、格議論をするべきという発言には賛成です。


    まー、こういう考え方もあるってことで…

  2. のざき | URL | VVHQ8TqM

    確かに上の人らはそう思ってるんやろねー。
    どっかで、そういう事を言ったし中国が動いたんやと中川さんが言ってた、
    というニュースを見た気もするし。

    ただ、まぁリスクの高いことではありますな。
    外交てそんなもんかもしれませんが。
    外交的には効果的かもしれませんが、最近の世論てすぐころころ変わるし。

    ま、結局はN朝鮮さえなんとかなれば、どっちでもええですね。
    ただ、やはり力をもったら試したくなるのが人情なので、
    もつことはきっと痛い目にあうとは思っています。
    自作自演的な議論をしていくことになるというところですか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/516-76741148
この記事へのトラックバック

nht ジャパン

nhtjジャパン