FC2ブログ

北陸を記録 【観光・長岡、富山】

2006年10月06日 15:26

さてさてさて、長岡です。

長岡、かなり大きな町でした。びっくりしました。
長岡は以前書いたように、河井継之介由来の土地です。
駅近くの継之介の旧邸とか墓とかをまず歩いてまわりました。
CIMG3967.jpg

CIMG3970.jpg

墓は栄涼寺というところにありましたが、結構荒れていました。
CIMG3968.jpg

地震の影響です。

そこらへんを散歩していたお爺さんに話しかけられたのですが、
やはり地震がひどかったとか、他にもこんな人の墓があるとか、いろいろ聞いておきました。
地元の大学に勤めていたそうですが、えらくはっきり記憶しているものやなとびっくりしました。
やはりこういうスタイルのストレージも必要ですねぇ。


その後は、悠久山という山へ。
郷土資料館とかありましたし、長岡を一望できる土地なので。
ここも地震の影響をかなりうけてました。
橋とか折れてましたしねぇ。
CIMG3988.jpg


資料館も景色も結構楽しめました。天気さえよければ…。

これは、蒼柴神社というところの入り口。
CIMG3989.jpg

資料館の最上階からは長岡の街が一望できました。
CIMG4001.jpg

『峠』でもかなり重要な意味をもつ、ガトリング砲(複製)。
CIMG3998.jpg

雨少しふったせいか、木々は生き生きとしていました。
CIMG3986.jpg

CIMG4006.jpg

二枚目のモミの木ですか、大きく二本どっしりと生えていました。
すごいですなー。
河井継之介の号が蒼竜窟とか言って、
それは旧邸の前にあった二本の松からきてるのだそうですが、
なんかそれをイメージしてしまいましたね。それほど雄大でしたよ。


その後、富山へ。
途中で魚津をみました。思ったよりは発展してる…かしら。

富山ではAつこさんにあってきました。
少なくとも1年半はたってます。ひさびさでした。

えらく歓迎してくれて、こっちも嬉しくなってしまいました。
また関西にも遊びにきてくれるということで、ちょっと楽しみですね。
というわけでHッジの人たち、準備しておいてください。mixiもしてるらしいですよ。

近況といえないほど時間があいてたので、とりあえずずっとそんな話でした。
あっという間でしたなぁ。
終電は8時まえでした。
まぁでも、富山からでも3時間で家につくのですね。


総じて、よかったです。旅のたびに言っている気がしますが。

さてここで問題だ。
①ハンサムの脳は旅の楽しみ方を心得きっている
②旅を楽しめる仲間にかこまれている
③旅というものが楽しいだけ 現実はそんなものである

…前も使いましたな、これ。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/490-90c05de1
    この記事へのトラックバック