FC2ブログ

『B』 バスケット

2006年09月05日 20:55

まずは、今回の旅の目的、バスケット世界選手権決勝。
と7、8位決定戦。

旅立つ前にはまだ決勝カードは決まってなくて、
今回はアメリカ-アルゼンチンなんちゃうかと思ってました。

実際は、ギリシャ-スペイン。
逆です。3決おもしろそうですな。見てみたかった。


でも、決勝、やばかったです。2万だしたかいありました。


決勝前に7-8位決定戦がありました。
ドイツ-リトアニア。
CIMG3639.jpg

ノヴィツキーはLAで見て以来、2度目。
CIMG3650.jpg


とりあえず、決勝もなのですが、バスケは団体競技やと。
痛切に感じました。
NBA選手はどちらもほとんどおらず、個人能力ではアメリカとかには劣ります。

でも、NBAみたときとは全然違う感動を。

ディフェンスがよすぎるのですよ。やばすぎる。
そして、オフェンスも完璧にやってきよるのですよ。やばすぎる。

私たちのバスケの延長線上にはNBAはないのですよね、きっと。
ただ、我々日本人のバスケの延長線上にはこのバスケはあると、そんな感じ。

シンプルにシンプルに、基本に忠実なプレーをし続ける。
お互いそれを知ってるので、かけひきになるわけです。
その辺がそうとうやばかったですね。

ドイツは多少個人技になっていたように思います。
確かに、ノヴィツキーという大黒柱がいますし、全体的にでかいし。
それでええような気もします。
あぁ、でも、Gは180センチだそうですよ。すごいですね。

逆に、リトアニアは完全なチームD・チームOでした。
リトアニアよかったですなー。
スクリーンからの2対2、逆サイドからのあわせ、完璧です。
ディフェンスも、ノヴィツキーを絶対に中にはいれないし、
ポストアップされてもカバーでターンすらさせません。
完全にフラストレーションためてました。
CIMG3652.jpg


我々が真似できるところも多いのではないですかね。
ひとつひとつのレベルは違いすぎますが。


で、決勝。

今度はスペインがやばすぎました。
ギリシャは多少アメリカに勝って燃え尽きてた感が。
ことごとくシュートが嫌われたてのもありますが。
CIMG3684.jpg


スペインのディフェンスはすごかったですね。
オフェンスは、ガードとシューターで完全にギリシャを圧倒してました。
ガードはやすぎ。シュートはいりすぎ。
で、さらに3番ぐらいの人が常にT野くんみたいなあわせしてました。
あれえぐいですわ。点であわせてる。
でもギリシャはもっとオフェンシブなアメリカを倒したはずなのですがねぇ。

スペインのディフェンスはほんまにすごかったです。
カットインは一人で守るし、ボールマンスクリーンのところもショーが完璧。
カバーのカバーもちゃんといるし、ファールも全然しません。
確かにギリシャは逆サイドでフリーの3点まではいってたので、
あれがはいってたらてのはあるのかもしれませんが、プレッシャーあったのでしょうね。
絶対チェックいってましたし。

まぁ、優勝するやろな、て感じです。
CIMG3771.jpg


こういう日の丸はちまきは誰も批判しないですよね。
CIMG3714.jpg




そしておそろしいのは、これだけスピードに満ちていながら、2試合で速攻がほとんどなかったことです。
戻りが恐ろしくはやい。
でも、1本出るかでないかの速攻のために、すぺてのプレーで走ってあがるのですよ。
この辺、ほんま真似せんといけません。


通じて思ったのは、アメリカはしばらくかてんかもしれんなと。
WBCもそうですが、結局そんなんせんでも自分らがNo1やと信じれているのでしょう。
ある意味うらやましいですね。

でも、少なくとも国と国の対戦として考えるなら、
いい選手をモチベーション高く、ちゃんと練習に参加させられるというのも国の実力なので、
アメリカは普通に負けているのやと思います。
本気を出したら勝てる、てねぇ。
相手をなめてて負けるてのは、一番ださい負け方やと思いますが。


少しきつい言い方になってしまいましたな。
でも、ここのところずっと言われてきてるところなので。
せっかくあれだけいるのに、バスケファンとしてはもどかしいのですよね。


きついついでに。

いくら日本が早々に負けてしまったとはいえ、
スポーツニュースで全く触れられないことに、真剣に不快感があります。

世界選手権日本で開催とか、こんな機会は二度とないとおもいますがね。
これでは当分の間日本は世界には追いつけないのでは。残念です。


ま、でもほんまにたのしかったのですよ。
CIMG3777.jpg

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/462-e72df1a9
    この記事へのトラックバック