FC2ブログ

テンションの上がる話(格安編)

2006年08月14日 09:45

最後です。
さすがに3つは少し疲れるし、恥ずかしくもあります。


最後は、お酒の話です。

最近太ってきて、ちょっと控えようと思って、
実際控えているつもりでいたのですが、実は飲んでいたという話。
そして、それらがやたらと安上がりやったという話です。


さて、まずは金曜日。

びわこ花火に行きました。

あれ、いいですね。
湖面をうまくつかってるし、斜めに飛んでくるやつとか相当な迫力でした。
延期の影響もあるかもですが、開始時間に現地にいっても、ええところで見えました。
やりますな。

で、その後、3月にSgとの別れに涙したO将へ。
花火が1時間やったのに対して、そこでは3時間も。

3時間で6人で、結構飲んだつもりやったのですが、
全体でも7000円。安すぎるのでは、という感じでした。

しかも、社会人が半分もいたため、ごちになりました。
ありがたやですな。
とりあえず、O将は格安ということで。


次は昨日、日曜日を先に。

試合に負けて完全にテンションは低かったのですが、
おかんと、おかんの友達2名と飲んできました。
おかんの友達がいつもかてきょを紹介してくれてて、
いつかどこかで飲みに行こうかと言っていたからです。

行ったのは、楽天家という店です。
サイトが結構おしゃれげな感じでした。

k886500v.jpg


居心地は非常によかったです。
4人でいって、6畳ある個室を借りれたので、普通にかなり広かったです。
ほんま、普通に眠れそうなぐらいでした。

で、ご飯も結構おいしいです。
店主が京都の老舗味噌屋の出身で、それを使って生麩や湯葉をいただくというもの。
おいしかったですわ。

ただ、昨日は死ぬほど料理がでてこなくて、それが非常に残念でした。
1時間半で、3品しかでてこなかったですからね。
しかもそのうち一つはマリネで、一つはたこわさですからね。

おかん世代が3人いれば、そらまぁお会計の方は。
そんなに食べなかったので、安上がりやったのもありますが、
でも、ごちそうになってしまいました。


その後、O本さんがいたので、久々にモンテベロへ。
ほんまに久しぶり。

Y田、O本、K市、そのつれ、H本、I東、N出、S山、Y島とそろいました。
なんやかんやでそろうところがさすがという感じですな。
うちらの世代ばかりですね。仲いいですね。

K市くんの転職をいわう感じでした。
なんかいい感じの飲み会でしたね。
そしてO本さんは多少太ってたとはいえ、あまり変わってなくて安心しました。
社会人になっても、みなさんベースは残るのですね。

ここもまぁそもそもやすいし、遅れたということもあって、
1000円しかかかりませんでした。


そして、土曜日の話。

ここが今日一番話したいことなのですが。
ただ、ここまで読んでくれている人がいるのかどうか。

土曜日は高2のときの仲のいいメンバーで飲み。
オクテットというのは人間でも成り立つのか、8人で仲がよいです。
今回は8人勢ぞろい。

この日はほんまに幸せな気分になりました。
なぜなら、そのうちの一人が結婚することになったからです。

去年も5回行ったし、今年も既に1回いっているのですが、
去年は少し年齢層が高かったし、今年は少し離れてしまってたからか、
実感がわかなかったのですが。
そういう実感のわかなさとも違う実感のわかなさ。
何をいっているだか。とりみだしました。

ほんまに悩んだ末の結論でしたし、まだ困難はあるようです。
やし、我々はほんまに力になりたいと思うし、
近くにいる分、きっと力になれると思う部分があると思います。
いやはや、何ができるでしょうねぇ。

きっといいお母さんになるやろという確信はあります。
これは間違いないです。

その興奮もさめやらぬ中、鴨川で花火をしました。
これもまた久々で、非常によかったですね。懐かしかったです。

で、終電近くになって、解散。
迎えにきてもらってましたよ。仲よいですね。すばらしいです。


そして私と飯さんは伏見の大中へ。
ラーメンは小でした。


ちなみに、ここもHっしんの社会人ぷりのおかげで、2000円でした。
安いです。3日がっつり飲んで、3000円。

この浮いた分、結婚の祝いに使いたいですね。
祝い好きとして、非常に血が騒ぎます。
何しましょうかねぇ。何かいい案ないですかね。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/445-40c1f162
    この記事へのトラックバック