FC2ブログ

今年もまた

2006年08月07日 12:29

今日は院試だそうです。
R館にいるせいか、あまり4回生ともからむこともなく、
誰が余裕で誰がピンチなのか、全然わかりません。
全員のこることはないのかと思うと、選択する事の残酷さを思ったりします。


さて、昨日は試合。対M山クラブです。
別に3Fにいらっしゃるあの人とは縁はありません。
共通点などを発見しようものなら失礼です。

勝ちました。

ただ、最近のチーム状況的にもう少し楽にいけるのではと思っていました。
やはり、油断できるわけがないのです。
また今年も1点差でした。

しかも、残り3分8点差ぐらいやったのに追いつかれましたし。
今までそのタイミングでは相手はあきらめていたのですが、
それがなかったしですかね。
あきらめないことの重要さをあらためて実感しました。

なぜか朝から体調がひどく悪く、吐き気と冷や汗がとまりませんでした。
試合までには一応なおったのですが。
まぁ、その分まわりがどんどん得点してくれたのでよかったです。

課題はいろいろでてきたように思いますが、
なんにせよ苦戦しようが勝っていることを評価したいと思っています。


そして、夜は母の誕生日祝い。

粋なことをしたいということで数年前に企画して以来、毎年恒例になった行事です。

弟の友達の母も誕生日が一日違いと言うことで、
いっしょに祝っています。
なぜか最近は弟の友達はいなくて、私の家族+母という構図ですが。

今年もまたサンマルクで食事をし、ちょっとした花束を贈りました。
花を人に贈るのは年に2回、母の日とこの日だけなので、新鮮な気分です。


ちょっとひねったことをしたい、というのは常に私の中にあるようです。
ちょっとした工夫、ちょっとした気遣いなどで、ものごとは結構変わりますし。

だじゃれも、ちょっと言葉に対してひねりをいれているのかもしれません。
研究に関しても、どうも正統的なアプローチは苦手なようです(いいわけ)。

そういうちょっとしたひねりを入れやすいのが、祝い会とかなのです。

例えば、友人の誕生日は結構おぼえてしまうので、
その近くで飲み会をするときにこっそりケーキを用意したりするのが好きとか。

当然祝われるというときに祝うのではなくて、
油断しているところへ祝うのがええようです。
ひねくれているだけなのかもしれないですが。


そういうわけで、この母祝い企画もマンネリ化しつつあるかもしれないので、
社会人になる来年はもう少しサプライズ感をだそうかと思っています。
なにしましょうかね。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/438-7c33ee40
    この記事へのトラックバック