FC2ブログ

特権

2006年06月23日 02:09

サッカー、面白くなってきましたな。
E組も終わったようです。
アフリカ勢からも一チーム。
アジア勢は、行くのでしょうか。
ブラジル戦まであと少し。多分寝ますけど。


上記とは全然関係がないですが、理系であることの特権をときに考えます。

先生方などの話を聞いている限りでは、やはり理系は冷遇されているという感覚はあるようです。
確かに、現状では利益に対しての報酬というシステムなのですから、
おそらく文系職の方が利益には結びつきます。
理系はある程度人海戦術が必要やし、
文系と同じ評価基準ではそら評価は低くなるようにも思います。

などと、給料の話に収まる事が多いです。文系と理系。

でも、実際私は給料の相場もようわかりませんし、
それほど現在のところ実感をもって受け入れられている気はしません。


むしろ、理系にしかできないことを持っている方がよさそうです。
…何かあるのでしょうか。

ひとつは、この世界を理解できる可能性、ではないでしょうかね。

この世界を知りたいと思わないのであれば、それはそれでいいです。
知っても、具体的に何かの役にたつことではないかもしれません。

ただ、我々は有限ですからね。
そういう中で、自分があったところがどういうものであるか、知りたいです。
有限の中を過ごす方法を知るだけでは、どうにももの足りない。
より時間軸においてスケールの大きいものに対して興味があります。
ま、それもまた有限であるのでしょうが。

きりがないかもしれませんな。わけわからんくなります。
しかしまぁ、この世界というものはどうなっているのでしょうね。
不思議でならない。

現在一番この世界をよりうまく説明するアプローチとしては、
科学があるようです。
少なくとも、ある程度定量的な理解を得ようとするのであれば、
絶対に科学を通さないといけません。

ただ、文系と理系はえらいはやい段階でわかれてしまうわけです。
文系は数学とか物理とか、全く知らなくてもええわけです。
逆に理系は歴史とか文学とか、全然知りませんし。
ゆとり教育とか、いらないですよ。
あほでいるよりも、つめこみでも知識がほしいです。

数学や物理がないと、科学を利用する事はできません。
多項式の積分しかできひんくて、極限の概念もない人は、
おそらく物理とかできんでしょう。
ただそれはそれで、何も生活に問題はないのですよねぇ。


まぁそういうわけで、結局は自己満足になるのですが、
理系はこの世界がどうなっているのか、知ることができるかもしれないのです。

それだけではないのかもしれませんが、
それだけでも十分なのかもしれません。
「自己満足」はそんなに下等な感情ではありませんよ、きっと。

ただ、そのような特権をもっていながら、
それを到底行使できないような、こんな現状でええのかと思うわけです。
がんばらんといけませんなぁ。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/396-54923229
    この記事へのトラックバック