FC2ブログ

WC

2006年06月12日 18:03

いやぁ、楽しいですね、WC。
当然、ワールドチャンピオンシップです。
いわゆるNBAファイナルです。

こういう競った雰囲気の試合では、典型的なことがよくおこります。
ターンオーバーによって一瞬で流れが変わる、
流れの中でのシュートは入る、
おせおせのときはおせおせ、などなど。
こういう典型的なの、好きなのですよ。

あれだけの歴戦のスタープレイヤー達ですらそうなのですから、
緊張状態のときの人間心理なんてあっさり操作できそうですな。
おそろしいものです。


それました。


いよいよ、サッカーも日本戦を前にしております。
ここR館でも着々と感染準備ができております。
まぁ、私はのんびり実験をしてて、それを理由に手伝ってませんが。

サッカー、みなさん非常に熱中していますね。
バスケやアメフト、野球でなく、なぜサッカーなのかと思うわけです。

理由は一つではないでしょう。
協会の戦略政略もあるでしょうし、やはりどこでもできるというのもあります。
ルールが比較的シンプルてのもあるでしょうな。
強いところが必ず勝つわけではないところも面白いです。

でも、これだけ熱狂できるのは、なぜなのか。

それは、点数が少ない事による、その一点の重みが違う事もあるのでは。
あたりまえですか?

他のスポーツに比べて、格段に重みが違いますね。
それが災いして、レベルの低い試合ではぐだぐだになったりもします。

しかし、それがうまくはまると、こんなことになるわけですよね。


その一点のために、
例えばオフサイドに何度かかかろうとも裏をとろうとしてDFラインをぐだらせるとか、
守って守ってカウンターとか、
その攻めでとるためにキーパーまででてくるとか、
どうせとれへんかもしれんけどボールを全力でおうとか、
それだけの投資をできるわけで。

何度うまくいかなくても、それはその次の、
いつかくるであろう一点の伏線になるわけです。
これは多少他のスポーツと比べて特殊なのかも。

それらの積み重ねがないと、そうそう点なんてとれません。
でも、それらを積み重ねても、最後には運も多少必要になってきます。

なんとまぁ、しんどい話でしょう。

でも、人生てこんなもんですからね。
賢い人が金持ちなわけでもなく、善人が愛されるわけでもなく、
積み重ねに次ぐ積み重ねがあり、それでも最終的にうまくいくわけではない。

そういうもやもやとした感情が、あの一点にあるのかもしれません。

…などと考えてみました。どうなんでしょうね。

ただ、運といいましたが、それは待っててくるわけではなく、当然呼び込むものです。

「幸運は、機会と準備が一致したときに実現する」


最近はまっているエジソン語録ですが、その一つ。


日本に幸運はくるのでしょうか。
それとも不運(ハードラック)と"踊"っちまうのかよぅ…!?
分からない人には申し訳ありません。

まぁ、軒並みな言い方ですが、がんばってほしいと思うのですよ。
最低限の応援はしようと思います。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/383-896cbd8a
    この記事へのトラックバック