FC2ブログ

器の小さい私

2006年05月15日 22:57

ひさびさの一日二回更新です。
別に暇なわけではありません。ほんとうです。

まずは、ちょっと興味のあるニュースが多々あったので。

FW争い、久保と巻に明暗 サッカーW杯日本代表決定
まぁ、しかたないことですね。選ぶという行為には当然あることで。
きっと結果論でいろいろ言うでしょうが、
現状でジーコ監督批判が少ないのはええことなのでは。
一応応援しましょうかねー。

新ブランドは「ソフトバンクモバイル」に
私はヤフーフォンやと思っていたのですが。
Aップルと共同で端末開発とかするそうですね。
おしゃれそうですが、めちゃはやりそうなので微妙です。

理研などが新型レーザー顕微鏡開発
とりあえず、原理が知りたいです。
やっぱ、できないできないと言ってることも、いずれはできるんですなぁ。
どこでもドアとかもできる日がくるのかもしれませんね。

共謀罪、日本ジャーナリスト会議が廃案求め声明
共謀罪ですか。確かに必要な気はしますが。
十分な時間をかけていない気がしますが、どうなんでしょう。
醜聞さがしとかよりも、こういうのの特集をせぇよと思います。

ゲゲゲッ!ウエンツ鬼太郎…来年4月、初の実写映画化
やめろ。


あぁ、長くなる予感がします。

今日は午前中に、T島屋へ行ってきました。
昨日知ったのですが、今日までの展示を見に。

「手塚雄二 花月草星展」というものです。
CIMG3049.jpg


現代日本画というフレーズに多少興味をもちまして。

まぁ、総じて、よかったです。
「現代日本画の探求」と言ってるのもあるのかもしれませんが、
全てがええと思うわけではなかったですが。

でも、ええなと思ったのはほんまによかったような。

色づかいが非常によかったです。
やっぱ、こういう色づかいって日本人ぽいなぁと思います。
そして逆に、こういうのが好きやと思えるのが、日本人なのかと。
以前奥田元宋の赤というものがありましたが、それとは両極にあるような感じです。
富士の絵が一つありましたが、こんな赤さの富士山とかもあるんやなぁと思いました。
でも、どちらにも共通点はあったような。ふーむ。

やはり、現代日本画という表現が非常にあうような気がしました。
なんというか、例えば風神雷神みたいな、日本的なモチーフもありましたし。
そういうのが非常によかったように思います。
その分、西洋的なモチーフの作品はそこまでやったのかもしれません。

もう一つは、見上げる構図が多かったように思います。
結構それは新鮮でしたねぇ。


最後に、ようやく屏風の意味を実感したような気がします。
あれは、やはり三次元的な表現なのですね。

屏風を三次元的なものとしてちゃんと書いてるのがあって、
非常によいとおもいました。
うまく奥行きを使えているのですよ。


新鮮なものが多く、よかったです。
でも、違和感なくはいれるというのもあるし。
こういうのもよいです。


ただ、100円いれてあとでかえってくるロッカーに、
100円忘れてしまいました。
そして、そのことに非常にへこむあたりが小さいです。
ちっせぇ。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/354-68f7b754
    この記事へのトラックバック