FC2ブログ

変化ですか

2006年04月01日 09:55

昨日のmixiやらをちらほら見ていくと、
年度末ということで結構振り返った話をしている人が多かったように思います。

私はとりあえず、年末に書きすぎたので、もう書きませんが。
今年度は変化の年ではありました。
まぁ、いろいろありましたわ。ある程度変わったのではと思います。


変化を認識するというのは、多分相当大事なことです。
自分の変化というのもあるかもしれませんが、全体像としても。

いや、変化を知ることも重要ですが、
変化を知らないことが致命的なのかしら。


我々の身の回りにあるものって、最近ものすごい勢いで変化しているのですよ。
パソコンは10年前と比べたら1000倍近く性能があがっているのでは。
携帯なんて、そもそもありませんでしたし。
いまや200万画素のデジカメと2GBのHDと、テレビがついていますし。

変わりました。

ただ、我々の場合は、その変化を知っているのですよね。
ダイヤルアップの接続も知っているし、
全角で18文字ぐらいしか入らない携帯メールも知っている。

だから、多分今の世の中がすごいと思えるのですよ。

逆に、今、はじめて技術に触れる人たちは、それを知らないので、
当然それをあるものとしてとらえてしまうのではないですかね。

電話の応対とか、あてはまるのでは。
我々の小さい頃は、一応相手の家に電話してましたし。
で、こわいおとんとかがでてびびったりしてましたし。

そういうのがないような気がします。

当然、我々以前からの変化とかもあるのですがね。
テレビがない時代、電気がない時代を私達は知らんのですが。

まぁ、かつてあったものを知ってるか知らんかは大きいと思うのですよ。


昔はある程度生活しなくてはならない、となっていましたし。
なんとかして稼がないと、食べることができないわけで。
やし、ある程度なりふりかまわずというところがあったような。
そういうパッションが自己実現なんて高尚なもの以前にあったのですよ。

今は、なんにもせんでも大丈夫(に一見思える)状態ですからねぇ。

自己実現というのは、かなり高度な感情らしいので、
それが発動しない人も多くいるかと思います。

そういう人たちは、とりあえずご飯も食べれるし、
なにかしらテレビはやってるし、とりあえず生きていける。

これってかなりどうかと思うのですよ。
そして、これを当然の権利のようにいうのも、どうかと思うのですよ。


まぁ、内容がどうにも発散してしまいました。
どうも最近文章を練ることすらしてないようです。だめだ。

とりあえず、昔がどうで今がこう、ていう意識がないと、
なにかしら破綻が生じそうな気がするのですよねぇ。
今あるものは、少なくとも自然発生的にできたものではないのですよ。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/312-8112d7c6
    この記事へのトラックバック