FC2ブログ

逃避につぐ逃避

2006年03月16日 17:23

あぁ、いかんな。
なんかせなと思いながら、ブログを書いてしまっています。
メリハリがないことがなによりいけませんな。

雨、というのもあるようです。
雨は気が滅入る。
ESを郵送するのは気がメイル、とか使えないですかね。


そんな中、本を一冊読みました。
逃避ですよ、逃避。

アランの『幸福論』
5277455_225s.jpg


内容的には、結構普通なのかもしれません。
形式は、新聞に連載されていたもののうち、幸福に関するものを集めたとうもの。
ある程度、ブログを読んでいるような気になります。

なので、全体を通して一つの話、というのではなくて、
3ページで一つの話。これが93個。
結構な量で、正直なところ少しくどいです。

でも、同じ事を手を変え品を変え言われると、なかなか説得力があります。


自然に幸福になることは決してない。
幸福になろうとしなくてはならない。
幸福とは、行動である。不幸とは、退屈である。
想像力によって不幸になるのはばかげている。
気分を行動が律するのではなく、行動が気分を律するのである。
幸福になるのは権利ではなく、義務である。

などなど、そういうことを延々と。
特に、行動に対しての話が多かったように思います。

筋トレはするのに、気分トレはせえへんとか、
テンションが下がるのは考えすぎるからだとか、
礼儀、とは非常に大事だとか、
そんな感じです。

小難しく書くのではなく、
日常に使われる言葉を使ってここまで文章が書けるのは結構すごいのかも。
それが少し論理的でなくなっているように見えたりするのですが。
でも、それが逆に連れと話をしているような気分にさせたりもします。


行動しないことに対して、批判に近いほど否定をしています。
決断をいつまでもしない、というのも行動を否定している事になるそうで。

私も決断をしないといけませんな。
ほんま、考えてばっかで決断できないんですよね。はー。せねば。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/301-834c8582
    この記事へのトラックバック