FC2ブログ

情報ねぇ

2006年02月28日 17:54

月に一回ぐらい本を買います。古本屋なのですが。
どうも、最近の古本屋は以前ほど品揃えがよくないような。
今日は、
『文明の逆説』
『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本(以下略)』
『これが私の優しさです』
を買いました。上2冊が立花隆、下のが谷川俊太郎です。
谷川俊太郎は、初の試みです。
以前『日本語と日本人のこころ』という本で、少し触れた程度。
昨日も言いましたが、最近多少吸収係数が大きいようなので、挑戦。
日本語をもっと味わえるようになるチャンスなのかなと。

これで700円。
なんとまぁお買い得なのか。
ちなみに、リーズナブルの訳はお買い得ではありません。
reasonable = reason + able ですので。
理にかなった、という感じですよ。
安い事をリーズナブルというのは、どうも。
でも、理にかなっているときに、リーズナブルというと、
間違ったと思われるのではないかと不安になり、正しくつかえません。
ジレンマです。


さて、昨日、人間関係がお金につながるといいました。
すると、とみぃ氏が、情報がお金になるといいました。
まぁ、一般的だそうです。私は知りませんでしたが。

何がお金につながるのでしょうね。
その共通項があれば、なにかしら自分のやっていることの価値を知れそうですが。

ふーむ。

そういえば、日経マイクロデバイスかなんかで、そんな話をしていましたな。
そこでは共通項は「差異」でした。

「差異」を生むことが利益につながるのだそうです。
商売はそういうものですな。
ものをあるところからないところに移動させると、その差異ができるのですな。
やし昔は、物量の差異を活かすのが商売の基本やったのでしょう。
ただ、日本国内なんかはだいぶ均一化はしてきていますね。
なので昔よりはその差異をあんまり活かせんくなっているのですかね。
まぁ、世界レベルになるとまだまだ活かせているのでしょうが。

そういうわけで、もう一つあったような気がしますが、
とりあえず、今の差異は時間だそうです。

未来と現在との差異を活かすのですと。
これなら差異は(一応)無限にあるので、
先取りさえすれば利益を得続ける事ができると。

まぁ、これが無間地獄みたいにもみえないでもないですが。

そういうわけで、今は時間を生み出す事がお金になるそうです。
時は金なりなのですなぁ。ほんまに。


時間をつくるということが、お金になると。

そう考えてみると、情報を扱う仕事は、時間をつくる仕事とも言えるのでしょうかね。

広告業は、営業する時間を短縮する仕事とも見れます。
大多数の人に一人一人営業するわけにはいかんでしょうし。

コンサルタントは、情報を集めて、それから何かしらの判断をするまでの時間を短縮すると。
今までは情報がなかったのに対し、今はありすぎますしね。
その膨大な情報を集めて、選択し、判断まですると。
そりゃ時間をつくることができますな。

SEとかは、システムの効率化によって時間をつくるし、
いわゆる管理職は部下の能率をあげることで短時間で仕事を終わらせると。

そんな感じなのでしょうかね。


技術職は、どうも自分ひとりでなんとか、という意識があるように思います。
まぁ、そういう部分がないとだめだとは思うのですが。
どんなに働いても二人分ぐらいでしょうし。
それに対して、例えば50人が2%効率をあげるだけで、一人分の仕事ができますし。


我々も時間に対する意識はもっていかないといけないのでしょうな。
ええものを創るのも大事ですが、
ええものをはやく創るのがこれからはもっと重要になるのでしょうな。


つまり、しんどいということですな。

最近ちょっと短めにしていたのですが、また長くなってしまいました。
スポンサーサイト





コメント

  1. ほりぐち | URL | K1BW3CMo

    生産効率の向上

    が一番わかりやすい利益の出し方である。
    そう考えると、それに関わる職業が多い(かつ待遇がよい)のも
    うなずけるような気がします。

    ああ、あと、reasonableには手ごろという意味がありますよー。念のため。

  2. のざき | URL | VVHQ8TqM

    ほうー。また、恥をさらしたのですかね。
    ご指摘ありがとうさん。

    我々はあまり効率というものを考えないのですよねぇ。
    考えない事はないのですが、少し他の人らとはずれてる。

    部屋を整理しようとせんくせに、
    住みにくいからということで増築するような。
    そんな感じですな。嫌いではないですが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/285-0d042d69
この記事へのトラックバック