FC2ブログ

鍋と就活

2006年02月25日 18:17

またまた羅列。最近ブログに深みがありません。
いつもありませんが、さらにない感じ。


昨日はAきらさん家でのミーティング。
当初の目的は来期のムッシュのことに関する相談やったような。

何一つ相談しませんでした。

ND、SYがいなくなる、来期は心配です。
まぁ、それでもI口とかもいるし、なんとかなるかしら。
とりあえず、バスケをしよかという人が少ないのがさみしい。
スポーツ人口って、絶対減ってきているような。


リクルーターなるものが最近多くこられます。
ようやく、ほんまに入りうる企業からも。
今週は、比較的いいイメージをもっていなかった企業が2つ。

・○ャープ
上り調子ですよね。
でも、個人的には悪い噂とかで、そこまで興味がありませんでした。
さらに、リクルーター二人は二人ともがりがり。
たまたまなのかどうか。

それでも、評価があがりました。
おもしろそうやなぁ。
やりたいことができるかどうかは微妙ですが、
入るまでにもってるやりたいことなど、後から変わる可能性は高いし。

業界初が多い、というのは魅力です(すぐ追い抜かれるそうですが…)。
業界最小は絶対に追い抜かれますが、業界初は永遠ですからね。
技術者としてのインパクトは大きい気がします。


・○田製作所
ここは、やめて帰ってきた人が多いので、イメージがよくなかったような。
聞くとかなりよいですね。
電子部品でかなりの優良企業ですし。

部品の面倒をみるために、結構北陸に行く機会が多いそうですが。
それ以外は、いうても野洲とか長岡ですし。ええな。
前の評価が低かっただけに、微分値はめちゃ高いです。

「信頼で他社に勝つことがある」という言葉があったのですが、
これはかなりあついと思います。
これからの日本は、これしかないような。
安さはもちろん性能でも、なかなか世界とは渡り合っていけないのでは。
ただ、MADE IN JAPANの品質のよさ、安定感のイメージは今まである程度築いてきていると。
ここを売りにしていくしかないのではと最近思っていましたし。
そういう意味で、世界に信頼されているというのはかなりあつい。

材料をにぎっているのもかなりあついと思います。

ええな、なかなか。


あとは、企業は我々にあれほど、論理や具体性を求めるのに、
企業の説明はものすごく漠然としているなと思いました。
理不尽ですよ、まったく。

そして、○田製作所の説明のときに軽い自己紹介をしたのですが、
他の研究室の人らが、
「まだ全然実験なんかしていません」
「先生に使われているだけです」
などのことを言ったのはびっくりしました。

しかも、それに笑いもあるのですか?

学生て、そらまぁ社会人からしたらゆるゆるですが、
それなりに真剣に考えたりはしているのですがね。
こういう感じの人といっしょに見られるのは少し嫌ですね。

でも、なぜかこういう人達の方が結果でてたりするのですよね。
ふぅ。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/281-35709446
    この記事へのトラックバック