FC2ブログ

何が必要ナノ

2006年02月22日 00:05

メールは偽造なのかどうか。
あいかわらず低レベルなことをしていますな。
必死になって否定する部分が嘘やとするならば、
メールは偽造で、武Bの口座には(今回のと関係があるかはしりませんが)やましい振込がある、
といったところでしょうか。

まぁ、みんな多かれ少なかれ法には触れているのですよね。
私も、きっとそうです。やだやだ。


さて、今月はやはりトルストイ月間でした。
『光あるうち光の中を歩め』
CIMG2623.jpg


これも、短編。
主人公が、長い間否定し続けながらも、
最後にはキリストのもとに行き、安息を得る、という話。
まぁ、話としてはかなりべたです。

主人公(ユリウス)がキリスト教を否定し、
その親友(パンフィリウス)が肯定するというのの繰り返し。

これは、トルストイの中の葛藤を表しているのでしょうか。
信仰とは、1割の希望と9割の疑惑、という言葉もあります。
友情とは、1割の尊敬と9割の侮蔑、という言葉もあります。
後者は特に関係ありません。ある、というだけ。


結局、欲望にはきりがないという話なのですよね。
仏教もキリスト教もイスラム教も、欲望には限りがなく、
永遠に満たし続ける事は不可能で、最終的には不幸になると言います。
なので、そういうものを追うのはやめましょう、ということなのです。

何かを求め続け、獲得し続ける事は(ごくまれな例外を除いては)たしかに無理なのでは。


そして、何かを達成した人が燃え尽きる事はよくあります。
何かを求め続けなければ我々は生きていけないが、
求め続ければどこかで破綻が生じるのです。
なんとまぁ。

まぁ、最近は、何も求めない、だらだらと生きているだけの人が増えているそうですが。
そんなのは、だらだらと死んでいっているだけやと私は思うのですが、
さて、ほんとうにそうなのか。


最近、就職に関して多少考えています。
一時期思考停止していたのですが。

で、この、何かを獲得し続けることの意味を考えています。
我々がもう、業として持っている欲求です。

科学は、どこに向かっているのでしょうかね。
我々は工学を志すものとして、人の役に立つものをつくりたい、と考えています。

なのに、これからのエレクトロニクスは、「ニーズを創造する」のです。
いいかえると、今、人が必要でないものを必要やと思わせるという事です。
特にいらんものを買いたい気になっているのです。

確かに、消費者の中に眠っている、漠然とした欲求を具現化することなので、
それはそれで、ええのかもしれませんし、ええと思っています。

でもなぁ。

その先はどうなるのでしょう。

サメは一生泳ぎ続けないと、窒息死してしまうそうですが。
我々とサメとは、何が違うのでしょうか。


一つには、普遍性がさらに重要視されることが考えられます。
そういう技術を、今度はできるだけ簡単に実現するという事ですな。
今の価格の下落は、当然なのかもしれません。


ただ、これ以上は本当に必要なのか。
それが(忘れるまで)頭から離れません。

科学に先がないとは思わないのです。

ただ、絶えず何かを獲得していくことは、どんどん難しくなるわけで。


科学とは、加が苦、なのですよ。きっと。


結論がでるかはわかりませんし、
獲得する事が不可能だという結論がでても、どうしてええかもわかりません。
まぁ、考える事に意味はあると信じて、もう少し考えてみます。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/279-f66e6122
    この記事へのトラックバック