FC2ブログ

視野がせまかったような

2006年02月15日 12:19

まだ家です。
しまった。


さて、就職活動が本格的にはじまってきました。
ようやくです。
まぁ、それでもゆるく、リクルーターが来て、
いっしょにぐだぐだ話しているだけですが。

昨日は2社、リクルーターがきました。

ちょっと、自分の現在の興味とは直接関係ない、2社。
でも、いろいろ考えるところがありました。
とりあえず、感想。

・○TT研究所
かなり幅広くやっているということです。
アプリケーションから量子計算とかもしてるみたいですし。
実際にデバイスをつくったりもしているし。

ただ、まだ十分イメージがわいていない気がします。
見学、行ってみたいですね。

・阪○
まぁ、かなり違いますね。
成長性みたいなのはそこまでなくていいとか、
競争は必要やけど、そこまでしなくていいとか。
その結論が馴れ合いでなく出てくるのは悪くありませんでした。

何より、給料がええのですと。
やることは、理系の知識があればええ程度だそうで。
話をしてくれた二人はかなり自分の会社にほれている雰囲気がありましたし。
会社としてはかなり優良なのではないでしょうかね。まずつぶれんし。


最近思ったのですが、私の現在の興味から離れれば離れるほど、
給料がよいようです。

お金の問題は難しい。
どれだけあれば十分かがわからんしなのですかね。

単に給料がよくても、
例えば郊外やと子供がほぼ必ず一人暮らしするとか、
そんなことも考えられるわけで。

割り切って働くというのは、全然ありですし、むしろ必要ですしね。
興味のあるところに行っても、
おもろいことはおもろく、つまらんことはつまらんのですから。

やはり、人生とか幸福とか、自分にとっての位置づけが必要なのかしら。


今回2社を聞いて、私の視野はかなり狭いと感じました。
私の中で、製品化、というのがゴールであると思っていました。
まぁそこまで極端ではないですが。
そこから先は文系の仕事であると。

ただ、今回の2社はそういうのではなくて、
それを使って、理系的に何かをつくるというのがありました。

○TTとか、通信のイメージがあったのですが、
つまり既存の設備をいわゆるITでどう変えるかみたいなイメージですが、
通信はあくまでハードウェアとソフトウェアがあって成り立つもので。
その辺をあまり実感としてもっていなかったです。


メーカーに対して、ユーザーという言葉を使っていたのですが、
ユーザーは、一番広く物事をみれるというようなことを言っていました。
確かに、そうかもしれませんな。

まぁ、これからは、どの分野に行っても必要になってくるのでしょうがね。
就職をして、自分の位置づけをはっきりと自覚するためにも、
いろいろな話を聞いておかないといかんなと、改めて思いましたよ。

ちょっと遅いですか。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/271-25223b8a
    この記事へのトラックバック