FC2ブログ

グローバルですか

2006年02月06日 22:26

桂は寒いです。
あっしの足は、あいかわらずよろしくはないようです。
今日は忙しかったのか、忙しくなかったのか。
なんか、時間があるようなないような気がします。


さて、昨日自己組織化の話題をなんかのビジネス雑誌で見ました。

我々の言う自己組織化は、
自然に薄膜ができてしまうというような、ポジティブなイメージ。
これからは自己組織化でしょうなどと謳っています。

しかし、この雑誌に書いてあったのは、ネガティブなイメージ。
普通やったら自己組織化して、ばらばらになるだけのものを、
自己組織化させないことで、機能を融合したとかなんとか。
透明で強いプラスチックができたそうです。

そもそも分子は自己組織化するものです。
つまり、ばらばらな状態よりもまとまった状態の方が安定なのです。


まぁ、人間も分子や原子からできていますからね。
自己組織化するのではないですか。私もすこぶる寂しがりやですし。


それた、話が(倒置法)。

それで、いかに私が自分を中心にしてしか物事が見えてないかを思ったわけです。
そういう人になってはいけないとあれほど思っていながら、やはり。
やはり、偏るものなのですなぁ。

最近、デンマークでムハンマドの風刺画みたいなのが掲載されて、
大変なことになっています。
これも、自分達の尺度でしかものごとを考えられていないことの現れですな。

風刺画というものは一般にはユーモアに富み、理解を促すものですが、
イスラム教では聖人や神を描くことは偶像を崇拝することと同様で、
最も忌み嫌われているものであることを理解していない。

無宗教である日本のだめ電子系専攻でも、これぐらいは知っています。
まぁ私はクリスチャンですが。

それなのに、一神教の国の人がそんなタブーを犯す事が信じられない。


中東もやっかいに。
イスラエルではシャロン首相がぐだって、
パレスチナではハマスが圧勝やったそうです。

日本のしょうもない強姦や談合とかの報道より、
こっちの方がはるかに興味がありますな。

ここは、意図された偏見が。
自分達が正義で、敵は悪。それを幼い頃から植えつけられている。
悲劇ですな。
相手を一度も見たことがないのに、それを心底憎めるとは…。
ふー。

まぁ、中東の情勢はかなり切迫していると思いますよ。


グローバルという言葉があります。
確かに、交通機関の発達のおかげで世界は一体と化しつつあるのかもしれません。
でも、統一と画一は違うわけで。

なんか、世界が小さくなることが、全ての差異を消してしまうのではと不安です。

民主主義が最高やと信じている人がいるそうですが、
それはある土地である歴史背景をもっているところでの成功(失敗)例でしかないのですよね。
当然なのに。

グローバルとは、相手と自分との差異を確認する事からはじまるのでは。
別にグローバルというような壮大なものではなくても、
相手を理解するということは、相手と自分の差異を認識することが大切なのですよ。

つまり、自分の信じている事は、
ある特定の背景の下でのものなのですよねぇ。
なのに、それを絶対なものと見てしまう。
あさはかですよ、私。
でも、何かそういう普遍的なものに憧れもあります。


また、あたりまえのことを延々と書いてしまった。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/262-b220974f
    この記事へのトラックバック