FC2ブログ

回帰

2005年07月30日 23:02

はじめはもう少し自分の独り言とか考えてることとかを書きたいなと思ってたので、少し書いてみましょうかね。最近は日記化してきてたし。

最近司馬遼太郎の「八人との対話」という本を読んでいます。


文字通り対話形式なのですが、なかなか面白い。考察が的を得ているがロマンに富んでいるというか。こういう対話ができるようになったらええなと思います。その中で、立花隆との対話がありました。“宇宙飛行士と空海”というタイトルやったので、なんじゃこりゃ、またSFかよとか思いましたが、内容は結構考えさせられるものでした。

まぁおおざっぱな内容としては、宇宙飛行士が宇宙で得た体験は人生を180度変えてしまうほど大きなもので、これを神秘体験というなら、これは空海が得た体験と通ずるものがあるのではないか、というようなものです。これだけ言うとなんやだいぶ適当な話かもしれませんが、なかなか。特に日本人は(しかも最近のニュースやらをみてるとなおさら、)神秘体験とかいうとうそ臭いと思いそうですが、これに関しては結構私はあって然るべきものやと思ってます。それを神と解釈するか、仏と解釈するか、科学でまだ解明されていない新しい現象と解釈するか、それは二次的なものであって、それ自体はきっとあるでしょう。人間の解明できてることなんて、まだまだわずかなものやと思います。で、その体験が人間を変えることは大いにありうる話で、それがキリスト教的になったり、仏教的になるのはその人のバックグラウンドによるというのはまぁあってるような。しかし、実際はどうなのか、体験してみないとわかりませんんな。その体験というのは、自然の大きさに対して、自分がただ一人で対峙するときに感じるものだそうです。最近はもうそういう機会は日本では少し無理そうですね。生命というものをまわりに全く感じることができない瞬間、そういうものが大事だそうです。どんな感じなのでしょうか。

で、その中で面白いなと思ったのは、そういった体験は言葉では表せないと皆が一様に思うところです。言葉は不完全であると。どうなんでしょう。でも、その一方で言霊思想みたいなのもあるのですよね。まぁ必ずしもこの二つが完全に矛盾しているとは思わないのですが。うちもどっちも正しいような気がしてなりません。


ふう。読み返すと何が言いたいのかさっぱりわかりませんな。これは言葉が不完全なわけでなく、私の説明能力が不十分だというだけですが。とにかく何かしらの精神への衝撃を得たわけです。何かに関してもんもんと考えることはあまり嫌いではないので、まただらだらいろいろ考えてみようかな。
一神教的汎神論とか、少し私の行ってる教会はこれに近いのではないかと少し思ったりもしました。まぁ私は完全に俗世につかってるだめ信徒ですが。


あと、木村Sさんには申し訳ないですが、立花隆はSF作家として読まず嫌いしてました。SFがフィクションていうのを全面に出してる印象があるので苦手やったのです。でも実際は面白いのかなと思ったりしました。なんや小さいころからキリスト教に浸かっているために人間存在の意義とか目的とか、普遍的な真理があるならそれは何かとか、そういうことに関心があるそうですし。うちもそういうところありますしね。また読んでみようかしら。


スポンサーサイト





コメント

  1. のざき | URL | -

    というわけで、宇宙飛行士になった気分でGoogle Earthを起動させてみたが、少しだけ不思議な気持ちになったような気が…するのかしないのか。ふむ。でもとりあえずGoogle Earthおもしろいですね。

  2. ほりぐち | URL | K1BW3CMo

    立花隆ってSF作家なんすか?

    この人の本を一冊だけ読んだことがあるのですが、
    SF作家って感じじゃなかったような…

    そもそもあまり本を読まない人なので、
    自信がありませんが。


    この夏は本を読んでみようかな。

  3. 立花隆はSF作家ではないですよ。
    「物知り」です。

  4. 鶴 | URL | -

     嗚呼、立花隆。浪人の頃必死になって読んだ立花隆。東大で講義する立花隆。確かに、立花隆はSF作家ではなくフィクション作家でもない。あの人は知識人である。そう今は絶滅し、滅んだといわれている知識人。そこいらのヘナチョココメンテーターとは一線をかくす知識人。なぜかNEWS23には出演する知識人。いいかたをかえて教養人としてみてもいいかもしれない。いろいろな分野を知っている教養人。脳死から漂流まで語れる教養人。

     ちゃかしてるみたいに見えるかもしれないけど、自分は立花隆けっこう好きですのであしからず。
     
     ちなみにお勧めは 「宇宙よ」 です。

  5. のざき | URL | -

    どうやら私はだれかと勘違いしていたみたいですね。まぁ一度本を読んでみようかな。

    どうもブログをやりはじめてから自分の底の浅さみたいなものをよく実感します。まぁええか。

  6. のざき | URL | -

    さいきんようやくわかったのですが、どうやら

    筒井康隆

    と勘違いしていたようです。
    立花隆さん、申し訳ありません。

    では、今度立花作品を読んでみようと思います。何をよみましょうかね。 「宇宙よ」のほかにはなにがあるのでしょうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/26-0414ed69
この記事へのトラックバック