FC2ブログ

また買ってしまった

2006年01月18日 23:59

こないだの無条件バトンでも書いていましたが、
また本を買ってしまいました。
まだ前回買ったものも全部読んでいません。

今日は
『ユートピア』(トマス・モア)
『イワン・イリッチの死』(トルストイ)
『日本人を考える』(司馬遼太郎:対談)
を買いました。

私の普段だらだらと考えたりすることに、近いような雰囲気があります。

日本人がどうであるかということは非常に大事です。

アイデンティティがどうとかいうのもありますが。

しかし、ほとんどの実験には参照となるデータがあるように、
人間を判断するにもデフォルトや基準の値があるのですよ。
我々は日本人として生まれた以上、日本人が基準なのです。
逆格子点は日本人であり、
その点が結晶性の乱れによりあいまいになることはあっても、
そこにピークがあることはまぎれもない事実です。

と、X線をはかりながらそんなことも思いましたよ。
イレブンナインのSiのような日本人にはならなくてもええですが、
あと一桁か二桁ぐらい下でありたいと、そう思うわけです。

Siを知らない人は、それなりに純度の高い日本人になりたいと思っているととってください。
それを言うだけなのに、変に言葉を修飾しているのです。


文系には理系のことをいい、理系には文系のことを言う。
こうすると、不思議と賢い人と思われたりするのですよ。
商売も、こういうものなのかもしれませんね。
フェルミ準位が違うとキャリアが移動してしまうように。

18日中に間に合った。ふう。
スポンサーサイト





コメント

  1. すずき | URL | -

    ユートピア、感想聞かせてくださいな。
    俺は逆ユートピア本しか読んでないので…

  2. | URL | -

    >しかし、ほとんどの実験には参照となるデータがあるように、
    >人間を判断するにもデフォルトや基準の値があるのですよ。

    では、参照となるデータがない実験は、人間の判断に置き換えるとどうなるんですかね。

    日本人に生まれたのに、やたらとグローバルを叫ぶ人とか、(いやそれでも日本人であることにかわりはないか)
    どこの国に生まれたか一生知らないで生きてく人とか、

    でも結局は生物学上のヒトとして区別されてしまいますね。

  3. のざき | URL | VVHQ8TqM

    > すずき

    読んでみます。
    ちょいふるい本ですが、多分意味はありそうな。
    理想の世界は、それはほんとうに理想であるのかと。
    漸近線であるから意味があるのかもしれませんしね。


    > 

    まぁ、アナロジー(アナロジーでもないか)で考えるとあらはありますからねぇ。
    しかも、私のアナロジー的なものは非常に雰囲気重視なのもので。

    それでもあえて、ごりおしてあてはめて行くと。

    生物学的にヒトである、というのは、同様の実験をする、
    ということで、
    参照データのない実験、というのは、逆に外国人を偏見で見ること、
    というのではどうでしょう。

    参照データがなくて理論(理屈か)を展開する場合、
    結構自分の好きなような解釈ができてしまうことがあります。
    自分(参照データ)との差異、をしっかり認識できることが、
    ちゃんとした相手(データ)の理解につながるのでは。

    おっ、結構ごまかせたんちゃいますか。

  4. 宇治民 | URL | -

    すんません、NAMEを忘れておりました。

    なんとなくですが納得できたような気がします。

  5. のざき | URL | VVHQ8TqM

    おっと、宇治民でしたか。
    トミタ氏かと思いましたよ。

    まぁ、私のわけのわからない論理にだまされておいてください。
    結局、どこにでも理屈はつくのかもしれませんな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/238-640e4618
この記事へのトラックバック