FC2ブログ

神話とかから

2006年01月17日 18:43

今、実験がうまくいきました。
データがで~た~、という感じです。
嬉しい事この上ないです。
どうやら研究室の方々にも心配されていたらしく、
結果がでたときは、えらく祝福されてしまいました。
いやはや、いろいろなところに悲壮感がもれていたのですな。

まぁ、非常に小さな一歩なのですが、
一からやって、ある程度かたちになったのは初めてなもので。

これができたので、後はいろいろ依存性やら定量性やらをやっていかんといけません。
とりあえず、今はうまくはかれてよかったと、喜んでおきます。


さて、○イブドアショック。

個人投資家は、やはり数字の増減とかをみていただけのようですな。
ちょっと高いゲームみたいなものですか。
ひどい狼狽ぐあいですな。ちょっと情けない。

手のひらを返したのは、個人投資家だけではないようです。
ここにも一人。
B000060NH8.jpg

基本的に嫌いなのです、この人。
頭が悪すぎる。
悪くふるまっているのでなければ、この人が幹事長でいる事はある種の犯罪やと。
M前総理もひどかったものですが、この人はもっとひどいですね。

なんか、自分(達)の利益しか見えないようにしか見えない。
言葉を慎めとか、自分とは関係ないとか、そういうのは、とても嫌い。
責任をもてよと。

司馬氏に書かせたら、ひどいかかれっぷりやと思いますよ。
無能とか小者とか、あるいは書かれもせんとか。

今回は、「党公認ではありませんから!」という言い訳。
またK泉氏と発言の整合性がとれていないのですよね。
なんでいつまでもいるのでしょう、この人。


文句が長くなってしまった。

言いたかったのは、こんなのではありません。

なんとなく、神話的なことを思い浮かべてしまいました。

たとえば、六本木ヒルズ。
ほんまにこれは、現代版バベルの塔ですな。
もしかしてよく言われていることですか?

バベルの塔は、人間が自分は神にも等しいものだと錯覚し、
その結果築き上げたものです。
その行為は神の怒りを買いました。
神は塔を崩壊させ、人々の話す言語をばらばらにした、のだとか。

現代の、六本木バベルはどうでしょうかね。

皆があがめるいわゆるヒルズ族はこんなにももろく、
話す言語が異なるどころか、対話する意識さえも奪われてしまったように思います。


他にも、Hリエモンは、イカロスのようですな。

イカロスは古代ギリシャ神話にでてくる人で、
ろうでかためた鳥の羽をつくり、太陽にまで届けると錯覚し、
太陽の熱でろうが溶けてしまい、海に落ちて死んだとか、そんな話です。

まぁ今考えると、高度があがるにつれて、むしろ気温は下がるということがわかりますし。
その次に待っているのは真空ですし。
そして、熱を感じれるほど太陽に近づくには、果てしない時間がかかることを知っています。
イカロスは、きっとろうが溶けて死んだのではないはずです。

そういや、みんなのうたにもありましたな。
む~か~し~ギリシャ~のイカロ~ス~は~♪
とか、そんなの。
あれ、幼心にはめちゃ怖かったですな。怖くて怖くてしょうがなかった。

なんか、そういう感じ。
○イブドアの株価も、あがるだけあがり、
そして今、堕ちてしまいました。

人間て、あほですね。満足する事を知らない。
でも、それが人間を人間たらしめているのかもしれないし。
実際今の文明は、不満足からきているように思います。


とりあえず、神話には話が終わりがあるのですが、
現実のこの世界にはそんなのはありませんし。

これからどうなるのか。
フェニックスH江とか、呼ばれたりするようになるのでしょうかね。
呼ばんか。
スポンサーサイト





コメント

  1. ふみか | URL | HkRIpaaw

    ギリシャ神話1回ちゃんと読みたいなーと思っていまだに読んだことありません…。

  2. トミタ | URL | HoFLERSg

    今日は気分を変えて、こちらにコメント。

    人間が飛ぼうと思ったら、胸筋の厚さが2mは必要らしいですよ。
    無茶言いはりますな。

    ところで、イカロスは脱獄するために、窓から落ちてくる鳥の羽を集めて、翼を作ったはず。
    とすると、ホリエモンが堕ちてドザエモンになるのはまだちょっと先のはず。

    珍しく、俺のコメント落ちましたね。

  3. のざき | URL | VVHQ8TqM

    > ふみか

    再挑戦していただけたのですね。ありがたや。

    ギリシャ神話はまだちゃんと知りませんが、
    うちの家にはケルト神話の本はあります。
    ケルトはやはり森が重要になってきてますな。しっとりした感じ。
    ギリシャはエーゲ海とか。からっとした感じですわ。

    お好みにあわせてどうぞ。


    > トミタ

    胸筋が2mあれば飛べるのか…。
    筋トレしてみようかしら。
    まぁ、メトセラやゴリアテの例もあるし、
    昔は我々とは違ったのかもしれませんよ。

    鳥の羽の話は知りませんでしたな。
    ギリシャ神話とか、我々で言う昔話みたいなもので、
    本来の形とは結構離れてしまっているのかも。

    何かうまい返しを考えてみたのですが、
    思いつきませんでした。残念無念。
    というか、悔しい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/237-a0b97521
この記事へのトラックバック