FC2ブログ

捉え方

2006年01月12日 13:13

腹がへって力がでねぇ、というわけで、ブログでも書いてまぎらわしましょうか。
お腹すいた。


引き続き土屋賢二を読んでいます。
『われ笑う、ゆえにわれあり』
です。読む順番が出版の順番とは逆になっています。
やはり、出版のたびに文章としては面白くなっていっているような。

まぁ、これもおもしろいです。

結局、男前がもてる、とかいう話がありました。
外見ではないが、外見が内面も左右するという話。
好意的に見るか、そうでないか、と言い換えるのも可です。

つまり、

「決断力がある ⇔ 軽率な」
「計画性のある ⇔ けちな」
「他人にふりまわされない ⇔ 頑固な」
「ユーモアのある ⇔ 不真面目な」
「繊細な ⇔ 神経質な」
「自分の考えをもっている ⇔ わがままな」

ということです。
この差を生むのは、外見だという話でした。

まぁ、外見はあるにこしたことはないですな(ある方がよい)。
私の場合は、最悪の場合に備える傾向があるので(ネガティブなので)、
こういう風にとらえ方が変わってしまうのではないかと、
いつも隅々まで気をくばっています(びくびくしています)。

最近は私の身体も少しがっしりしてきて(太って)きました。
これは飲み会が多いためであるかと思いますが、
そのために、収入と支出のバランスが完璧です(使い切ってしまいました)。

研究は上のレベルへのステップが多くあり(壁ばかりで)、
実に多様なことをする機会に恵まれています(やらなければならないことが山ほどあります)。


…。
まぁ、大事なことですよね。
いろいろな場面で無理やりポジティブにものをとらえることは。

また、ときどきやっていこうと思います(今は思いつきません)。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/228-5d29627f
    この記事へのトラックバック