FC2ブログ

D窓会

2006年01月09日 12:05

かめたにとらわれすぎて、本題を忘れていました。

さて、同窓会の話。

相変わらず面白かったのですよ。

とりあえず、写真をいくつか。

賢い人たち。
CIMG2450.jpg

大トトロと、小トトロ。
CIMG2436.jpg

私の大きな手。
CIMG2441.jpg

美女達。
CIMG2440.jpg


今年珍しかったのは、H川君と、Dさん、H部さん、とかですかね。

H川君は、I田君のブログでもありましたが、
結婚していたのですよ。学生で、しかもできちゃった婚。
子供の写真もみせていただきました。
まぁ、全くもって幸せそうにしているので、よいのかもしれません。

先日Y田君やT野君に、できちゃった婚自体は全く悪くないということを言われました。
いざ実際に結婚するというときには、タイミングが重要になるそうです。
なのでその結婚のタイミングとしては、できてしまうのもありでは、と。

ふむ。リアルです。
実際、同窓会でも、彼氏彼女がいる人は、結婚を当然のように考えている人もいました。

というわけで、言い方を変えてみましょう。

できちゃった婚ではなく、(神様のくれた)贈り物婚。

子供が授けられたことに加え、タイミングも与えられたと。
こういう、大きな運命の中のひとつであるとでもとっておけばええのですか。

まぁ、私はしませんが、絶対。


話がそれました。

Dさん、H部さんは、面白かった。
特にDさん。

左の方です。ヤンキーです。嘘です。
CIMG2449.jpg

某有名ホテルで料理を作っています。
まわりが男ばかりだということで、そういう感じになったと。

なぜか女性なのに、キャバクラのり(自己申告)。
私とYちゃんがいっしょになって、くろひげ危機一髪をしていました。
結局挿すときに飛ぶのか、抜くときに飛ぶのかわからず、
だらだらでしたが。でも、なぜかテンションはあがりました。

私は2次会で帰りましたが、その後6時までクラブに行って踊っていたそうです。
体力ありますな。


こんな風にみんながそれぞれ違う道を歩んでいることに、
非常におもしろさがあるのですよね。

高校・大学の友人は、やはりそこまで離れていません。離れつつあるという感じ。
なので、とても居心地がよいし、自分の喜びも悲しみも分かってもらえると思います。

でも、たまにこういう人達に会う事で、非常に新鮮な刺激を得られます。
うちもみんなに刺激を与えられるような人にならんといけませんな。

そういえば、毎年やと久しぶりと思わないと言いましたが、
もしかして一年が久しぶりと思わんのは、やばいのですか?
子供に流れる時間と、私達に流れる時間がいっしょだとは、とても思えません。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/224-4fb0fb44
    この記事へのトラックバック