FC2ブログ

原理主義

2005年12月14日 22:45

昨日は装置メーカーのセミナーに行ってきました。
就職活動とは無関係。
まぁ、非常にわかりやすく、興味深い話ではありました。

やはり、回路とかを考えてこそ電気電子ですからね。
最近そういうのから離れておりました。

「電磁気学は電気電子のアイデンティティだ」
とは、故F田先生のお言葉だそうですが、
回路と電磁気学、どちらもいいかげんですよ。がんばらないと。


ブラックボックスの典型的なものが装置であります。
最近の装置はあまりにも便利で、原理も何も知らなくても、全然大丈夫。
おそらく、修論ぐらいまでなら、何も知らなくてもいける場合があるのではないですかね。

でも、やはり、ちゃんとしようとすると原理は当然いりまして。

去年は結構使う装置が少なかったのですが、今年は非常に多く、ついていけません。
X線、真空蒸着装置×3、RIE、フォトリソ用露光装置、FT-IR、AFM、強誘電体評価装置、陽極接合装置、FIB、SEM、デクタク、などなど。
まぁ、多少誇張するために、原理も何もないものもありますが。

でも、なかなか難しいのですよね。
どれもその道の専門家がいて、かなり特訓してようやく、というものなので。
私なんかがたかが1年や2年で使いこなせるかどうか…。
でも、ボタンをおせばぽんと測定できたりもします。
便利やけど、いろいろなことを見落としていそうですな。


なんだかんだで実験が好きなようなので、装置が使えるようになるのは嬉しいのです。
実験が好きやというのは、なんだかんだで最近再認識しましたね。
まぁ、これで結果がでてくれれば全く問題ないのですが。


実験が好きというのもあるのですが、私は基本的に考えるのが好きなようです。
やし、なんでこうなのか考えて、それがあってたり間違ったりするのが好きやと。
やし、別に理系でなくても、そういう分野は興味があるのかもしれません。
逆に、論理的でないことに対しては非常に過敏に反応しますしねぇ。
クレーム処理とか、絶対できひんやろし。


話がそれましたが、原理を知ることはそれ自体が面白く、役にもたつのです。
こんなサイトとか、一度ぐらいは見てみては。
測定と書いてありますが、内容は電化製品を実際に使う上の注意とあまり変わらんのでは。
我々が普段使っているような電化製品とか、こういうものの上に成り立っているのですよ。

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/192-e06635d2
    この記事へのトラックバック