FC2ブログ

なぜなぜ考えるのか考える

2005年12月11日 19:25

半年ほど、某私立有名高校Ⅲ類の子の家庭教師をしています。
まぁ、エリートなわけです。

でも、思ったよりは普通。
どちらかというと秀才タイプですね。
公式とかを覚えるのはめっぽうはやい。
暗算なんか、私よりもはるかにはやい。

でも、諦めがはやいのですよね。
心配なヨウ素です。


もう一つ、結構公式とかに頼ります。
スムーズに分数の割り算とかできるタイプですね。
あまり疑問をもちません。
確かに、これだけ覚えられたらええのかもしれませんが。

で、よく、なんでこうなるのか考えや、と言うのですが、
それに対しては、なんでや、と疑問をもちます。

忘れたときに困るやろ、とか、応用がきくやろ、とか言っています。


なので、少しなぜなぜ考えるのか考えてみようと思います。

まぁ、簡単なのですがね。
ブラックボックス化してしまうのは、危険が伴うのですよね。
応用がきかないし、おかしいと感じなくなってしまう。

あたりまえなのですが、意外とできていないのですよ。
最近の実験機器はボタン一つでちょちょっと測定できてしまいますし。
感覚をやしなうことが難しいのです。
この結果はあきらかにおかしいとか、これはこうだから妥当だとか、
そういうのができていない。

常識、というのもいわゆるブラックボックスです。
これは常識だ、と言われてもそれがなぜそうなのかは知らない。
常識にとらわれないというのは、なぜそれが常識かを考えないとできないですしね。
常識と違う、というだけでは、結局それもブラックボックスにはいってしまっているのです。


おそらく、正解が用意されていることに関しては、ブラックボックスのままでええのかと。
むしろそっちの方が効率がええのかもしれません。
最近の電気機器とか、原理がわからなくても、めちゃくちゃ便利です。
iPodの記録の原理とか、ほとんど知らんのではないですかね。
そもそも、スピーカーから音がでるというだけでも、知らないのではないでしょうか。

でも、便利です。そして、知らなくても困ることもないと。

でも、正解が用意されていないとき、
それが正しいという根拠は常識ではいけないのですよねぇ。
自明なところからはじめて、論理を形成しないといけないと。


あたりまえなのですがね、意識しないとよく忘れるのですよ。
自分への戒めとして書いております。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/186-fbb36b8f
    この記事へのトラックバック