FC2ブログ

ログ

2005年12月07日 23:09

毎週一度は被爆の日があるようです。
ノーモア、カツラ。
不謹慎ですか。

一冊読み終えました。

『歴史の中の日本』
JBZ7567.jpg

また、司馬っちです。

いろいろなテーマの下に、考えることや知っていることを書くと。

まさにブログといっしょ。ウェブ上でないだけなのではないですかね。
なんか、ブログという言葉、流行語大賞にもノミネートされていましたが。
そこまで新しい概念ではないのでは。
まぁ、一瞬にしてはやったイメージはありますが。

何かしら記録を残すことで、我々のアイデンティティの確立に一役かっているのでしょう。
ええものやと思っています。


内容は実に幅広く、密度が高いです。
まぁ、基本は歴史なのですが。

日本史を知れば知るほど、自分が京都にいることの幸運を思います。
住所を言われれば、そこのイメージができますし。
そして自分の住んでいる、まさにこの場所で、何年か前に歴史的な事件が起こったと。
なんともすごい。
ちなみに私の家は、明智光秀が天王山の戦いから逃げるときに通ったようです。
うひょー。
他にも、通学途中に通る土手とかは、鳥羽伏見の戦いがはじまった場所なのですが、
ほとんど当時のままだそうで。
やばい。わくわくする。

友人のブログを読んでいるときに面白いと感じるように、
尊敬に値する人のログを読むことは非常に面白いです。

ログ(log n.)
(1)船の速力や航走距離を測る計器。測程器。
(2)〔logbook の略〕航海日誌。航空日誌。
(3)コンピューターの利用状況や通信の記録。



というものだそうですが、司馬氏の場合はまさに人生を航海に譬えると、
航海日誌といえるものです。
それを参考に、航海をする人も多くいるわけです。

私もこのブログが人の参考になるようなものになればと思います。
…と気持ち悪いことを言ってみました。
まぁ、このブログは完全に独りよがりですから。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/182-11b92394
    この記事へのトラックバック