スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い通り

2012年02月23日 10:28

さて、本を読みました。


珍妃の井戸 (講談社文庫)珍妃の井戸 (講談社文庫)
(2005/04/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る


蒼穹の昴に続く第二部。

とはいえ、ボリュームとしては1巻のみの、少し少ない感じ。
どちらかというと外伝的な位置づけで、
蒼穹の昴の登場人物が第三者的に見られているというか。
タクティクスオウガでいうと、ランスロット・タルタロスの話のようなものです。

話は、クック・ロビン調に、誰が珍妃を殺した?というところから始まり、
いろいろな人のかみあわない証言、というスタイルで書かれています。
芥川龍之介の『藪の中』的な。


珍妃が井戸に投げ込まれて殺された、
ということ自体は史実ではあるのだそうです。
西太后が殺したことにはなっているのですが、
実際にそれはどうなんでしょうね、という感じで話は進みます。


まぁ実際がどうか、ということはおいておいて、
結局真実なんてものはあることの解釈であって、
その人ごとに異なる相対的なもんなんやろなと。

そして、客観的な事実というのもあいまいなもので。

科学というのは客観的なイメージがありますが、
(そして他よりは幾分客観的やと思いますが)
実際は主観がどうしても入るものですしね。

実験てのは、ある主観に基づいた仮説があり、
それを証明するために、データをとる、という形で進めるわけで。


そういうわけで、極論をすると、
世界はある程度は"自分の思い通り"になる、ってことなんかなと。
思ったとおりにしかならない、ということですかね。

なので、楽しいと思えば楽しい世界になるし、
つまらんと思えばつまらん世界にしかならんのやろなと。

自分の思った通りに対象が変わるてのはバークリ的な感じがしますが、
自分に依存する部分をポジティブに捉えるてのは、
とても大事な気がします。


前向きに生きたいですね!



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1494-4f1dbae5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。