スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新アイテム体験

2012年02月15日 10:34

さっきの日記、見直しすらしてないです。
そういうのも気楽な感じ。
エッセイ調といえば響がよいかと。
まぁ、それは着飾らなすぎな気もしますが…。


ちなみに、さっきの『チルドレン』、
SONYのリーダーを買って初めての作品です。

リーダー、とてもよいです。

何がよいって、片手で本が読めるということ。

電車にしろ、布団の中にしろ、
両手で本を読むって結構無理な体勢になりますし。
まぁ、人間の体って本を読むために
最適設計されているわけでもないですしね。


でも、当たり前のことでありながら、
体験してみるまでわからんものやな~と。
頭で、片手で読めるのは便利や、とわかっていても、
それにどこまで価値があるかは、体験してみないとわからんなと。


このへん、難しいところです。
つくる側としては。

この製品、いわゆる、潜在化していたニーズを顕在化し、
新たな消費者ニーズに応えるような、製品なのだと思います。

が、そういうニーズが、昔に比べてわかりにくくなっているなと。

昔やったら、全自動で洗濯ができるようになりますとか、
寒い部屋がスイッチひとつであったかくなりますとか、
直感的にわかりやすかったんやと思います。

製品の提供=ソリューションの提供、という感じ。
この製品があれば、こんなことができます、とストレートやったわけで。


それが、よりわかりにくくなっているため、
直感的に欲しい、と思える製品が少なくなってきているんやなと。

子供の頃は身長がどんどん伸びていっていたけど、
ある程度歳とると、伸びるにしても微々たるもの、というのに似てる。
結局伸びたら嬉しいけど、
測ってみないとわからない時期にきているような。


なので、もはや最近の電化製品でそういうものは少なく(ありますが)、
ソリューションの提供=製品群の組み合わせ、みたいな感じに。
これとこれとこれを買って、それらをつなぎあわせれば、
こんなことができます、となっていますな。

そら買うのにちょっと考えてしまい、
その分慎重にもなってしまうのでは。

悩ましいところです。


そういう中で、このリーダーは、
かろうじて製品=ソリューションなものやと思います。
わかりにくくはありましたが、単体で新しい感覚を得られました。


私はどういうものを作り出したいのかなと、
会社の状況的にも自分の状況的にも岐路に立たされている今、
もう少し深く考えてみないといけないかもしれません。



…よく考えると、こっちではリーダー買ったことすら書いてなかった!
買ったんですよ~。

http://www.sony.jp/reader/

これは、本好きにはかなりの魅力なアイテムです。
本棚が埋まっていくことに快感を覚えないならぜひ。

私は本棚も埋めたいので、併用していこうかなと思います。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1491-c08cb592
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。