スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使い分ける

2011年11月06日 14:22

mixiが見るたびにレイアウと変わっていってますな。
facebookチックになっているような。
リアルタイム性を増やすというアプローチ自体はええと思いますが、
ころころ変わるとちょっとわかりにくい。


さて、本を読みました。

科学的方法とは何か (中公新書)科学的方法とは何か (中公新書)
(1986/09)
浅田 彰、佐和 隆光 他

商品詳細を見る


哲学、経済学、数学、生命科学、サル学、の専門家5人が、
前半部はそれぞれの分野での近況報告、
後半部ではテーマを決めての対談をするという形式。

最近これだけ扱うものが異なるそれぞれの分野で、
興味を持たれていることがあります。

それは、全体を全体のまま扱う、という手法。
ちょっと前やと、複雑系というやつですかね。

要素を還元的に細かくしていって、
原因と結果の関係を細かく細かくしていき、
それらの積み重ねによって、どんな対象の運動、行動も記述できる、
というのが昔ながらの科学。

でも、そういうのだけではいろいろ扱い切れないことが多いですよ、
ということに最近気づいてきたのだとか。


たとえば初期値がほんの少し異なるだけで、
結果があまりにも大きくふらつく(近似が禁じられる)とか、
仮に全ての要素を考慮にいれるとすると、
膨大な計算量になり、現実的ではなくなるとか、
そういう実践的な観点で、という理由が多かったような。

ボールを投げたら落ちてくる、その軌道を知りたいとなったとき、
場の量子論は使わなくても多分大丈夫、とか、そういうことやと思います。


要は使い分けてことなのでしょうな。
より深く追求することも大切やと思いますが、
目的に応じて、方法を変えることが大事なのかと。

細かいところ含めちゃんと人に伝えたいとか備忘録としてであればmixiを、
その時思ったことに対してリアクションが欲しいだけならfacebookをつかう、
ということと同じ、なのだと、思います。


でもmixiでもリアクションも欲しい。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1484-eed2a666
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。