スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ctrl + z

2011年09月27日 10:02

さて、本を読み終えました。

ローマ人の物語〈43〉ローマ世界の終焉〈下〉 (新潮文庫)ローマ人の物語〈43〉ローマ世界の終焉〈下〉 (新潮文庫)
(2011/08/28)
塩野 七生

商品詳細を見る


1巻を読んでからなら丸4年、
ついに読破しました。感慨深いですね~。

感想もいろいろあり、書き留めておきたいですが、
まずは43巻の感想から。

内容としては既にローマ後。
西ローマ帝国が滅びたあとの
蛮族支配、東ローマ帝国の再支配、あたり。

意外なことがたくさんありました。

個人的には、西ローマ帝国崩壊後、
戦国時代的な群雄割拠な雰囲気になるのかと思っていました。
が、実際は治安なりが回復したと。
まぁ戦国時代も、安定しているところは
室町時代よりも安定していそうですが。

パクス・バルバリカ、蛮族による平和、と呼ばれる時期があったとのこと。
うまいこと蛮族が支配して、支配されている感ももたずに
しばらくは上手くいっていた時期があったということです。

一方、その後、東ローマ帝国が領土を回復しようとすると、
状況は一変。東ローマ帝国の支配の方が厳しかったり、
蛮族は裏切り者としてローマの人たちを扱ったり、
世界の首都であったローマが散々なことになります。


結局、古き良き栄光、というものは、決して戻らないのでしょう。

それはおそらく、周囲の環境などが全てそろってはじめて
時代の流れが形成できるからなのかと。

ある制度があったから、ある英雄がいたから、
栄光が得られるわけではなく、
そういったものが複雑にからみあうことで、
偶然にもそういうものが形作られるものなのではないでしょうか。


ローマの衰退と日本の衰退、重ね合わされることが多々ありました。
逆に、滅び行く国なんてどれもこんな感じなのかもとも思います。

古き良き栄光、日本もその状態になるようにもがいています。
家族や地域の人達が助けあい、節度を持ち、
勤勉さを売りにして世界の経済に大きな影響を与える、など
日本が良かった時代にむけて、「元に戻そう」としています。

でも、それは無理なんでしょう。
生活が豊かになることで助けあう必要もなくなり、
自己責任の名の下に自分の身は自分で守らなければならなくなり、
一方では周辺の国々がモーレツに働いて追い上げてきている中で、
はい昔どおり、にはならないですよね。

私は昔ながらの日本の雰囲気は好きですし、
そういうところに美意識は持っていると思いますが、
それを完全に戻すというのはちょっと違うんやなと。

そういう美意識のエッセンスになる部分だけは、
できれば維持しつつ、今の世界の状況に上手く対応できるよう、
この新しい変化に、
上手く乗っていく方法を考えないといけないんやろなと。

ローマの終焉後を見ていて思いましたとさ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1481-cf9d044b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。