スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おつであります

2011年06月27日 21:40

さて、本を読みました。

セレンディップの三人の王子たち―ペルシアのおとぎ話 (偕成社文庫)セレンディップの三人の王子たち―ペルシアのおとぎ話 (偕成社文庫)
(2006/10)
竹内 慶夫、 他

商品詳細を見る


セレンディピティの言葉のもとになった、
原典とも言うべき本。

セレンディピティシリーズ第三作ということで、
読んでみました。


が、単なるお伽話なので、
特には面白いというわけでもなかったです。

しかも、主役の王子様達は、
あんまりセレンディピティを発揮していないのでは?
と思ったり。


ただ、そういうものとして見ないのであれば、
新鮮な内容でした。
時代や文化の背景が違うと、
いろいろな感覚が違ってくるんやな、と。


たまにはこういうものもよいですな。
暑い夜に、こういう雰囲気の話というのも、
乙と言えば乙です。

ぼひひひひ


otsu.jpg


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1453-3d704cf4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。