スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連想する

2011年06月20日 21:02

さて、本を読みました。

偶然からモノを見つけだす能力―「セレンディピティ」の活かし方 (角川oneテーマ21)偶然からモノを見つけだす能力―「セレンディピティ」の活かし方 (角川oneテーマ21)
(2002/08)
沢泉 重一

商品詳細を見る


セレンディピティという言葉、なんか多用されていますが、
そのセレンディピティについて。

あることが起こったときに、それが重要なことだ、と察知できる能力、
偶然に起こったことに対して、それだ!と思える能力、のことです。


特許のアイデアが全然でてこーへん、というところから始まった、
アイデアを出すコツ探し、
いろいろな本やらなんやらを見ている限りでは、
わりと根本的なところは同じのようです。

アイデアのつくり方、
  1.情報収集
  2.死ぬほど考える
  3.一旦忘れる(他のこと考える)
  4.思いつく!
  5.検証する
という流れ、どの本にも書いています。3が大事。

セレンディピティもこれに属するのではないでしょうかね。

この本で学んだことは、
 ・連想する、という意識が大事
  … 全く新しいアイデア、てのはそうそうなく、
    何らかの組み合わせになってることが多い
 ・ネーミングしておく
  … 脳の引き出しにしまうときに、次出してきやすい
というところ。とても大事やなと。あとは、好奇心!


十分に準備をしている人だけが幸運をつかめる、とかいう名言がありますが、
偶然に対して、それだ!と気づける、というのはまさに、ですね。

アイデアに向けて、偶然を待つ余裕とともに、
幅広いバックグラウンドを準備していきたいものです。


あとは、だじゃれって、相当なセレンディピティがいるのでは?
ある言葉に対して、全く違うところから連想してつなげる、
完全にセレンディピティの一種です。

最近控えていましたが、またやろかな…。
オヤジのオヤジギャグはなかなか受け入れられんそうですが。


…わかりにくい。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1448-abefdfde
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。