スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I envy みんな

2011年04月29日 10:18

さて、本を読み終えました。

ラッセル幸福論 (岩波文庫)ラッセル幸福論 (岩波文庫)
(1991/03/18)
B. ラッセル

商品詳細を見る


前回に引き続き、ラッセル幸福論。

幸福の話ですが、不幸になる理由の分析の方が
納得することが多かったような。

ま、そんなもんですかね。
現状がだめなことには共通の理解が得られる一方、
全員が納得する対案は難しい、というのは、
世の常なのかと。


そういうわけで、不幸の原因。
最たるものの一つが、ねたみ。

平等、という言葉、すばらしいように感じます。
が、それを言っている人たちを見てみると、
その人達が言っている「平等」が実現したとき、
現状よりも状況がよくなる人ばかり。

自分の周りの人が、自分よりもいい状況であることが許せない、
その感情を、ねたみ、と表現しています。

その延長線上で、民主主義はねたみの産物である、とも。
互いに足を引っ張り合うことが本質、
というと極論かもしれませんが、
今の政治を見てるとそんな感じ。
そういう視点でみたことはなかったので、新鮮でした。


それが不幸に繋がる理由ですが、
ねたむ対象が増えてしまうこともその一つ。

乞食は大金持ちを真剣にねたむことはなく、
より稼ぎの大きい乞食をこそ真剣にねたむ、と。

今は、すばらしいことに、平等がある程度実現しています。
しかもグローバル化。情報もすぐに知ることができます。

その結果、ねたむ対象も同時に多くなってしまったと。
万人の万人に対する嫉妬、という状態なのでしょう。


では、この状況が悪いとして、
対案はどうなのか、というと、
出てこないのですよね~。
昔の方がよかった、みたいな懐古主義もないですし。

結局は、ねたまないようにする、という
解決法なのか目標なのかもわからないことしか、
アプローチはないのでしょうか。

難しいものですな~。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1436-7e0371f6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。