スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年03月31日 23:14

さて、本を読みました。

これから何が起こるのかこれから何が起こるのか
(2006/11/23)
田坂 広志

商品詳細を見る


よしだあさんが紹介していた本。
面白そうやったので、買ってみました。

web2.0と呼ばれるものによって、
私達、資本主義、世界はどう変わるのか?という話。

web2.0がもたらす最たるものに、
「情報コストの低下」があります。
SNSやツイッター、wikipediaや食べログなど、
「草の根メディア」の出現により、
情報の発信コストも収集コストも低下する、と。

そこから起こるであろう変化を、
75の変化として、演繹的に述べています。

演繹的(正しいことから順々に論理を進める)ということで、
論旨は説得力があり、なるほど、と思うことが多かったです。

よしだあさんと同じく、

  * 第40の変化:「良い商品を創れば、売れる」という技術屋のロマンが、敗れ去る

がやはり印象的。
認めたくないけれど、認めなくてはならないのでしょうな~。
まぁむしろ、売れない商品は良い商品ではない、のでしょうね。


ただ、この本で言われているこれからの変化、
あくまでも、ありうる一つの話なんやろと。

台風の予想進路のようなものです。

直近の進路は到達範囲が正確に予想できる一方で、
ちょい先の進路予想はどんどん広がってしまいます。
大雨かと思って身構えてたら晴天ということもしばしば。

というわけで、本の内容の後半は、
すこしスケールがでかすぎて、
前半とは違う読み物なのかというほど飛躍したような。


とはいえ、私のこれからの進路が晴天とは、
ちょっと考えにくい。
この本の予想通りになる可能性も高いかと。

そういう中で、今できることは、
情報を集めては、都度予想進路を修正していくことと、
修正に対応できるだけの基礎能力を向上していくことですかね。

がんばらんとな~。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1429-74bbe7ca
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。