スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルに

2011年02月11日 10:55

さて、本を読みました。

新しい新しい中世を読んでいるのですが、
その間に読んでいた本も面白かったので、あっさりと。

日本人へ リーダー篇 (文春新書)日本人へ リーダー篇 (文春新書)
(2010/05/19)
塩野 七生

商品詳細を見る


ローマ人の物語の勢いそのままに、
読んでみました。

塩野さんの文章で、
理系ぽい、あまり修飾しないところが好きです。
それは思考にも現れているようで。

基本的にはその系をいかにシンプルにするか、
というところに力をいれているような。

感性に訴えるものは複雑さを重視するのに対して、
理性に訴えるものは単純さを重視していると思います。
まぁ、最近は単純なもので感性に訴えるものも結構ありますが。


で、塩野さんの文章とか歴史の解釈には、
わりとシンプルさを追求しているところがあるわけで。

人間は根本的にこういうところを重視するんやから、
ここをベースにおいて行動することがすべてにつながるとか、
やはり国益を最大化することに全てが行き着くとか、
そういう感じが多いように思います。

で、そういうシンプルな原理の上に、
複雑というか、繊細な駆け引きがあると。
政局とかはここに属するわけですな。

なので、そういう単純な原理や目標があって、
具体的なことは、より下位のところにあると。


日本の今の状態は、多分個々にはそれなりに言い分もあると思うのですが、
単純に見て、いい方向には向かっていない、とは感じます。

それは、より下位の、細かいところの
いい悪いしか議論できない状態になっているところに、
すべての原因があるのではないかと。

目的が正しくても実行力を伴わなければ意味がない、
というのはまさにごもっともなのですが、
具体的なところに時間を取られすぎているような。
むしろ、具体的な話以下のところに時間を取られすぎているような。

それでOKとしている我々が一番あかんのでしょうけどねぇ。


単なる普通の政治批判になってしまいましたが、
ただでさえ対外的にしたたかなことができてないんやから、
国内はうまいことさらっとやって、
その分そういうところにエネルギーを外にまわさないとと思いました。


と、ここまで書いてふと思いましたが、
結局うちの会社も同じなのですかね。
内向きなことにエネルギーを使い過ぎ。
日本も会社も、老いて肥大化しすぎたのかなと。


本としてはエッセイで、4、5ページで1テーマなので、気軽に読めました。
このミクシーも、まとまりなく、思いついたことを思いついたまま書いているあたり、
エッセイといえなくも、、、ないですな。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1405-f5827a92
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。