スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジレンマ

2011年01月20日 10:14

引き続き日経新聞のサイトから。

『ゲーム大手がソーシャルゲーム市場で後手に回るジレンマ』

イノベーションのジレンマというやつですな。

いわゆる優良企業、というものが地位を失ってしまうという話。

1.優良企業はいいものを生み出し、それを洗練することで事業を成り立たせる
2.どこかで洗練したものがニーズを追い越してしまい、
  その領域の価値以外のものに価値がでてきてしまう
3.その領域の価値以外のものをやっていた新興企業が優良企業の地位を脅かす

結局、うさぎと亀的なものなのですかね。
先行している人がなんも変わらずにいて、
後発の人のアプローチをなめてたら痛い目に会うと。


で、ゲームについても同じやと。
SNSゲームは、一つ一つはレベルとしては低いので、
大手のゲーム会社の技術者はそういう開発は面白くないしやりたくない、となると。
さらに、大手なので、ある程度優秀な人も集まってて、
経営者的にも、なんか勿体無い気がする、となるということらしく。
ただ、すごいゲーム、というものにも飽和傾向があり、
開発費に見合うだけのものはそうそうできないと。

典型的なイノベーションのジレンマが起きているようです。

我々の会社も同じですなー。
優秀な人は多いと思いますが、やばいほど結果にはつながってないような。
結果出してない時点で優秀ではないのかもですが。


そういう状況は一般化されつつあるようで、
ニーズニーズと言って、変えようとはしているようです。

でも、技術者側としては、少しだけ不満なところも。
やはり、すごいことをしてるんや、ということに対して
モチベーションがあがるてのはあると思いますし。

モチベーションが上がりつつ、そういう新興のものに対しても対抗出来るような、
うまいベクトルがあればええと思うのですが。甘いのでしょうかね。

でも、同じことのはずでも、気の持ちようで全然違うということは多々ありますし。

たとえば、今訳ありで少し会社に遅く行って遅く帰るてことをしてるのですが、
なぜか全然疲労感が違います。
同じ時間会社にいるはずなんですけどねー。

なかなか。
人間とはやっかいなものですな。


会社に行くまで暇や、という話でした。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1385-b0e54ee2
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。