スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念

2011年01月15日 16:10

さて、本を読みました。

「法令遵守」が日本を滅ぼす (新潮新書)「法令遵守」が日本を滅ぼす (新潮新書)
(2007/01/16)
郷原 信郎

商品詳細を見る


うちの会社にあてはまるのではないかシリーズ。
が、そういう話ではありませんでした。

法令違反に対してあまりに過敏になってるけど、
それはちょっとずれていますよという話。


この本での悪者は、官僚とマスコミですが、
基本的にはマスコミを非難しています。

なぜかというところですが。

法律とかを蓄積をもってつくっているわけではない日本では、
(明治維新や第二次世界大戦後に一気につくった)
現実のニーズからできる法令はまだまだ少なくて、
とりあえず雰囲気だけつくったというものが多いと。

そういう中では、グレーにしておいた方がうまくまわる部分も多く、
そういうのに談合も含まれているとのことでした。
まぁ今は弊害が多くなってるので、変える必要はありますが。


本来議論すべきは、その法律が実現したい
コンセプトがどんなものかというところであるわけで。
コンセプト自体はあまり大きくは変わらず、
その手段である法令が時代によって変わるものと思います。

なのに、枝葉の部分である法令違反をしていることばかりを
マスコミは批判していると。

なぜか。

わかりやすいし、議論の余地がないからです。

言い換えると、わかりやすいので頭を使わなくてもよいし、
議論の余地がないから変なリスクを負わなくてよいわけです。

結局、浅いのですな~。

他にも、政治家の失言とか。
失言する方もどうかとは思いますが、
それで1か月も2か月も政治を止めるのは本末転倒です。

それもそういうのを批判したほうがニュースになってしまうから。
うーむ、うんざりします。

ただ、それを喜んで見ているのは私たち一般の人々なわけで。
いろいろ残念ですな。


一方で、最近ユーチューブに一部始終をアップするとか、
簡単に、編集されず、自分の意見を発信できるようになってるわけで。

仮に、そっちが主になるとしてもまだまだ先とは思いますが、
こういう動きがうまく自浄効果をだしてくれればええなと思います。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1380-714d67c0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。