スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二に

2011年01月10日 23:18

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書)不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書)
(2008/01/18)
河合 太介、高橋 克徳 他

商品詳細を見る


うちの会社が仕組みとしていろいろあるのに、
雰囲気が悪いと言いましたが。

自発的ではないということに加えて、
もうひとつの理由。


それは、効果が見えてこないというところかと。

結局、さっきも書きましたが、
人が多い組織なので、
そうそう変わるのは難しいはずで。

この本の中では、効果感と言っていますが、
効果感がないと、やはりやる気をなくすというか、
いずれ心が折れるわけですな。

本で紹介されている会社は、
いずれも変わることによって周囲が変わったという結果を
明確に見ることが出来ています。

そこまで耐えたらええだけ、というのもありますが、
やはり効果がでやすい下地とかはありそうな。
うちの会社は古いですし、変わりにくいてのはありそうです。


効果感を感じられない、フィードバックがかからない状況は、
非常によくないと思います。

昨日、たてやん+サークルの後輩の女の子たちと飲むことになり、
合コン後のメールでどんなんを送ればええのかという話に。

で、皆でいろいろ案をだしていたのですが、
私の案はわりと却下されました。
しかも、今回はそんなんじゃないかもですね、
という感じの優しいフォローまでしてもらい。

さらには、家でメールの内容について妻にも
意見を求めてみたところ、やはり私の案は微妙らしく。
非常に情けない気持ちになりました。


改めて考えると、
実際にそういうトライをしたことがほとんどないので、
結果というフィードバックがかかる機会が少なかったような。

なので、自分のメール力的なものを見つめる機会がなかったんやなと。

ミクシーとか、文章を書くのは好きなので、
どちらかというとメールも出来る方かと思っていただけに、
非常にショックでした。


やはり、自分が変わったときに、
それに対する効果が比較的短時間でフィードバックされることが
とても大事なんやなと改めて実感しました。


さて、ミクシーの場合のフィードバックは、コメントです。

最近ちらほらコメントはいただけていますが、
相変わらず非常に少ないコメント。
これは、何か変えるべきやでというフィードバックなのでしょうか。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1377-cd662d28
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。