スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きょうかん

2010年12月11日 23:25

潜水服は蝶の夢を見る、原作がもう届きました。

ブックオフオンライン、すごいです。
値段が安いことや発送がはやいのもよいですが、
いくら以下になったら連絡がくるシステムとかもあります。
本にかかるお金はばかにならないので、かなり助かります。


いきなり話がそれましたが、もう少し潜水服は…について感想を。

結局、途中で何回かはありましたが、
あるシーンをみて涙がでるということはありませんでした。

すごく感動したのですが、なんでかなと。


で、思ったのが、ミラーニューロンの話。

例えば、人が痛いと思っているのを見たときに脳の中で働く部分は、
自分が痛い思いをしたときに脳の中で働く部分と同一なのだそうな。
つまり、他人が痛い思いをしたときと、
自分が痛い思いをしたときてのは、
脳的にはおなじなのだということです。

ホンマでっか、というところではありますが。

そういうことを考えると、涙を流している人を見て、
はじめて涙がでる気持ちになる、ということも往々にしてあるのかなーと。


会社に入る前のつれにはわかると思いますが、
私はよく泣くイメージをもたれてると思います。

たしかによく泣くのですが、
わりと人が泣いているところに、かぶせていくパターンが多いような。
スポーツ関係もがんがんに泣きそうになりますしね。


そういうことを考えると、
顔がほぼ完全に硬直している主人公に対して、
そういうミラーニューロン的な感じで反応してなかったのではと。

別にそれだからいいとか悪いとかではなくて、
そういうものなのかなーと考えさせられました。


一方で、脳にこういう機能が備わっていること、
共感できるという機能が備わっていること、
とても素敵なことやと思います。

相手が苦しんでいるときは自分も苦しくなり、
相手が楽しい時は自分も楽しくなる、
とてもいいことですね。

せっかく備わっていることなので、
積極的に利用していこうかなと思います。


ということを、今日考えました。
だじゃれですよ。



スポンサーサイト


コメント

  1. キヨハラ@ブックオフオンライン | URL | qbIq4rIg

    こんにちは

    ブックオフオンラインのキヨハラと申します。
    ブックオフオンラインをご利用いただいたお客さまとのコミュニケーションを目的に、
    「ブックオフオンライン」をキーワードにみなさんのブログにおじゃまさせていただいております。

    このたびはご利用いただき、ありがとうございます。
    「すごい」というお言葉をいただけて、とても嬉しく思います!
    サイトをご利用いただいて、不便な点などございましたら
    お気軽にご連絡いただければと思います。

    「潜水服は蝶の夢を見る」は、脳さまのブログを拝見させていただいて初めて知りました。
    DVD、ぜひ観てみたいです!
    ミラーニューロンの話もとても興味深いですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1360-342fc531
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。