スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積読

2010年11月08日 23:31

スラムダンクを読むと、簡単にモチベーションがあがります。
10年以上効果があるってすごいですねー。
麻薬に近い?

SLAM DUNK 17 (ジャンプ・コミックス)SLAM DUNK 17 (ジャンプ・コミックス)
(1994/02/04)
井上 雄彦

商品詳細を見る


さて、読みすぎると、セリフを覚えるのは当たり前ながら、
いろんな細かいことを知ることができます。

とりあえず、最近妻と合意したのは、
これまで河田兄が出場キャラクター中、一番パーフェクトやと思っていたのですが、
試合の最後で致命的なミスをしているなと。


それ以外にも最近気づいたこと。

魚住退場から福田投入までの数分間、出場した選手について。
仙道、(ディフェンスに定評のある)池上、越野、植草、あと一人は?


やはり、菅平でした。


湘北戦で初めて名前が出るのですが、
海南戦でも、11番がでているシーンがありました。
やはり、控えセンターやったのですね。荷が重すぎましたが。


となると、疑問がでてくるのですが、
田岡監督はなぜ菅平をつかったのか?

ミドルレンジははいらないですが、
188センチ80キロという体格で、
カットインや速攻のランニングプレイもできて、
ダンクやアリウープもできて、
粘り強い福田ではなく、なぜ菅平なのかと。

しかも、相手は赤木ではなく、
どちらかというと高さやパワーではなく上手さで勝負する高砂ですし。


でかいことは立派な才能と言っているあたり、
結局、身長なのでしょうか。

気になります。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1347-5322fccf
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。