スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内容がすごい ≠ 内容がわかりやすい

2010年11月07日 16:09

さて、今回は新しく読んだ本について書きたいと思います。
分かりやすいプレゼンをするにはどうしたらよいか?についてです。

「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール (ブルーバックス)「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール (ブルーバックス)
(2002/10/23)
藤沢 晃治

商品詳細を見る


分かりやすい説明、というだけあり、大変分かりやすかったです。


◆分かりやすかった理由

 分かりやすかった大きな理由は以下の3点です。

   ・言葉が簡潔
      無駄にかっこいい文章にしていないので、伝えたいことが明確です。

   ・例が長すぎない
      例が適度に短いので、テンポがよく、理解もしやすいです。

   ・見出しがわかりやすい
      後で見直すことを前提にしているため、タイトル・見出しがわかりやすいです。


◆自分の現状と照らし合わせた感想

 ちょうど会社で、プレゼンについて普段怒ることのない上司に怒られたり、
 一方で先輩が見事なプレゼンをしているのを見たりしていたので、
 自分のこととして、興味深く読めました。
 
 一番感じたことは、「普段できていることも多くある」ということです。

 ただ、それらを、なんとなくでやっているところが違いました。
 そのため、自分でチェックするとき、どうしても漏れがでていました。
 それらを意識的・客観的に確認することで、
 いいプレゼンを、安定感を持ってできるようになるような気がします。 

 
◆今後にどう活かすか?
 
 特に意識しないといけないこととして、今後は以下の3点に気をつけたいと思います。

   ・背景をいいかげんにしない
     背景でつまづくと、後がすべてダメになってしまいます。
     聞き手にあわせた、過不足ない背景説明を目指します。
        
   ・実際に内容がすごい < 内容がわかりやすい
     今やっている仕事は、上に理解されにくい領域の仕事なので、
     つい、やっていることをアピールするプレゼンになりがちです。
     そのため冗長になりがちですが、改善していきます。

   ・特訓する
     特にミクシーで、書きたいことを書きたい順に書いているので、
     読み手を意識した文章を書いて、コメントを増やしたいと思います。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1346-fdda2139
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。