スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさ2

2010年10月30日 20:31

ひさびさなことその2。

展覧会にいってきました。

『ブリューゲル版画の世界』
http://www.wjr-isetan.com/kyoto/floorevent/index_7f.html

版画、ということと、かなり変わった絵ぽかったので、
脳みその違うところを使えるかなと思いって行ってみました。

とりあえず、予想通り、
変わった絵が多くて、刺激をうけてきました。

以前はサルトルの作品にベルセルクの主人公のモデルぽいのがいると言いましたが、
ブリューゲルの作品群も間違いなくモデルになっていそうな感じ。
使徒たちのデザイン、雰囲気がものすごく似ています。

おどろおどろしいはずなのに、どこかユーモラスなところがあり、
目を離さずにはいられない的な感じ。
非常にインパクトがありました。
日本でいうたら水木しげる的な感じなのですかね~。


あとは、線だけで全てを表現しているところにインパクトを受けました。
ものすごく立体感があります。
ブリューゲルはやはりすごいのか、
いっしょに展示してた他の人よりも立体感が強かったような。
線密度がものすごく高いんですかねー。

線とか一色だけで全てを表現するというのは、
日本画とかと似てるのですかね。
そういうところもまた見てみたいものですなー。


いろいろひさびさなことができて、大変満足です。
今は隣で東方神起のビデオが流れています。

夫婦そろっていろんなことをしながら、
そのほぼすべてがインドアという奇跡。
いわゆるオタクです。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1341-f9458219
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。