スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんで

2010年07月09日 23:02

今週は忙しかったですなー。
Tくんの直撃を受けて、なんか急に内向きの仕事が。
なんで、と思うことばかりふってきます。
ちょいまだすっきりと解決はしてないので、
がんばって乗り越えようと思います。

ただ、装置が止まってた時期に比べたら、今ははるかに楽しいですねー。
どんなに少なくても前に進むということが大事なんやなと思わされました。


さて、本を読みました。

簡単に断れない。 (文春文庫)簡単に断れない。 (文春文庫)
(2006/11)
土屋 賢二

商品詳細を見る


院のときに他の作品をすこし読みましたが、
今になって、近所の古本屋で買ったもの。

内容的には、日々の生活をユーモアでみなおしてみたもの。
内容が深いのか浅いのか、おもしろいのかおもしろくないのか、
かなり紙一重な内容です。

ただ、ときどきやはり哲学者なんやなと思わせるところがあり、
ささいなことでも疑ってかかるということが大事なんやなと思いました。


同期が一人、退職をするということで。

今までの同期は寿退社だったのですが、
今の社の状況や方向性が思うところと違って、
自分の進みたい道を進むために、退職。

去年の後半ぐらいからか、仕事に余裕があるわけではないのですが、
いろいろあらも見えるようになりはじめてきている気がします。

冒頭のTくんの話もその一つ。
昔やったら、怒られる!という危機感で行動してましたが、
今やと、わかってない人に、いかにわかった気分にさせるか、
というところの方が大事なんやなと思うようになりました。
まぁ、すこし腐ってきているような。

そういうところに違和感を感じて、
前向きに退職というのは、さすがと思います。
私はまだ違和感、不満を感じるまでですな。
未熟です。


哲学の基本は、なぜと思うことからやと思いますが、
日常のなんでやろ、に対してもう少しじっくり考えんとあかんなと。
そして、自分なりの結論を出すところまでいきたいなーと。

何かをできない、あかんと否定することは簡単で、
愚痴をいうことはもっと簡単です。
Tくんがいけてない、というのは表層のことなのかも。

なので、今ある不満、あらにも、もう少しなんでや、と考えて、
ちゃんと根本のところを、責任をもって結論づけたいなと。
そこにユーモアを加えられたらもっとよいですね。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1289-1ba375de
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。