スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記は分けてもコメントはふえない4

2010年05月25日 23:13

さて、まだ続き。

最近、考えることが多いと書きましたが、
自分の好きなことはなんなのかと考えることもあります。


私は、好奇心は強い方なのではと思っています。
コンサバな上に、偏ってますが。

まぁ、何かしら新しいことを知ることは好きやなと。


そういうのがあって、研究職というのを選んだわけですが、
最近、すこし軌道修正が入りつつあるような。


何かしら新しい、しかも人が知らないことを知る、
一番の方法は、自分が発見することです。

そういうわけで、研究職の一番の醍醐味は、
人の知らないことを知り、新しいものを産み出すところなのですが。


ただ、私は、そういうことにすごく価値を見出す一方で、
産み出さずに新しいことを知るだけでも、
かなり満足してしまっているのではと。


もう少し考えると、つじつまが合っていれば嬉しいようです。
自分をとりまくこの世界とか社会とか、
そういうものに対して、何かしら筋道が通っていて、
一貫性があれば、それがすごくうれしいのではないかと。

極端な話、その一貫性が間違っていたとしても、
つじつまが合っていれば、
それはそれでいいのではないかと考えているふしがあります。


そうなると、効率面で、
何かを産み出すことに全身全霊をかけるよりも、
適度な遊び、余裕を持っている方が、
ほんまに自分の好きなことをしているのではと。


私と言う人間がかつて生まれて、そして死んでいくわけですが、
そこに何かしらのつじつまというか、
なんらかの必然性がほしいということなのでしょうかね。

まぁ、それを自分でつくるんや、というところなのでしょうが、
それをいろんなピースを見つけてきて、
つじつまのあうようにつなぎあわせることで、
何かしらつくろうとしているという感じです。


何を書いているのだか。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1271-fede5268
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。